プロジェクトマネージャーに向いている人・適性・必要なスキル

プロジェクトマネージャーに向いている性格・適性

コミュニケーションの上手な人

プロジェクトマネージャーはコミュニケーション能力の高い人に向いている仕事です。

ITスキルの低い顧客や、ITの専門家である現場のエンジニアまで、さまざまな相手とコミュニケーションをとる必要があります。

難しい話もわかりやすく伝えられる人や、相手の知識レベルを見抜いて合わせることのできる人なら最適です。

事務仕事が苦にならない

プロジェクトマネージャーは、情報の共有や記録のために多くの書類を作成しなければなりません。

また、さまざまな調整業務が発生するため、これらの仕事にストレスを感じない人が適しています。

プレッシャーに強い

プロジェクトマネージャーは多くの人員と予算を預かってプロジェクトを完了まで導く立場です。

その仕事には大きなプレッシャーがつきものですが、それで実力を発揮できないようではつとまりません。

プレッシャーをはねのけて自分の力にできる、さまざまな重圧に動じない、そういう人に向いている仕事です。

プロジェクトマネージャーになるには? 必要な資格は?

プロジェクトマネージャーに必要なスキル・能力

物事をさまざまな角度から考えられる

プロジェクト管理では、顧客の立場や会社の立場、また現場のエンジニアの立場など、さまざまな立場からプロジェクトを見ることが求められます。

プロジェクトを評価するための指標もさまざまで、ひとつの物事の見方だけでは決してうまくいかない仕事です。

普段から、物事をさまざまな角度で考えることのできる人でなければ難しいでしょう。

ビジネススキル

多くの関係者の間に入ってプロジェクトを推進するプロジェクトマネージャーにはさまざまなビジネススキルが要求されます。

ビジネスマナーやコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力も必要ですし、書類作成の能力も必要です。

また、プロジェクトを行うだけでなく、ビジネスの観点から評価することも求められるため、経理や法律などさまざまな知識も大切です。

心身の健康

プロジェクトマネージャーは、現場によっては多くの案件を抱えることになります。

スケジュールがいっぱいになってくると、各プロジェクトの責任が重くのしかかりますので、ストレスに負けない精神力が必要です。

当然、忙しくなれば体もきつくなりますので、プロとして健康管理もしっかり行いましょう。

プロジェクトマネージャーに向いていないのはどんな人?

客観性を持てない人

プロジェクトマネージャーは、さまざまな関係者の間に立ってプロジェクトを推進します。

特定の関係者に偏った考えでプロジェクトを進めてしまうと、他の関係者に負担がかかり、プロジェクトがうまく回らなくなります。

そのため、人の意見に流されやすい人や、すぐに感情移入してしまう人は注意しなければなりません。

常に客観性を持って、中立の立場を持てるように訓練しておきましょう。

細かいことが苦手

プロジェクトマネージャーの仕事は細かいです。

案件全体を動かすため、細かなミスや、ちょっとした手抜きだとしても大きな影響を与える場合が多いです。

そのため、細かいことを気にしたり、指摘されたりするのが苦手な人はあまり相性がよくありません。