プロジェクトマネージャーになるには? 必要な資格は?

プロジェクトマネージャーになるまでの道のり

プロジェクトマネージャーになるためには、エンジニアとして現場経験とシステム開発に関する知識を学ぶことが必要です。

そういった下積みの上で、リーダー職を経験し、プロジェクトマネージャーへとステップアップしていきます。

ITやビジネスへの基礎力が不足していた場合、職務だけ与えられても仕事ができず、責任も背負うことができません。

プロジェクト管理関係の資格取得は、現場経験のある人ならキャリアアップを実現するための手段になりますし、経験が少ない人にとっても多くの知識が獲得できるため有益です。

自社内でさほど認められていない場合でも、資格があればプロジェクトマネージャーやその候補として採用される場合もあります。

プロジェクトマネージャーになるために資格は必須ではありませんが、取得しておいて損はありません。

プロジェクトマネージャーの資格・難易度

プロジェクトマネージャーになるための資格では、国家資格である「プロジェクトマネージャ」資格や、国際的に実力を証明できる「PMP」資格などが人気が高いです。

これらの資格は、ITだけでなく、さまざまな分野のプロジェクト管理に対応できるスキルが身につきます。

基本的にプロジェクト業務に関わるマネージャー職を対象にした資格であるため、試験範囲も広く、難易度も高めです。

実務経験がある人でも、数百時間の学習は必要だとされていますので、資格取得には計画的な準備が必要です。

プロジェクトマネージャー試験の難易度・合格率

プロジェクトマネージャーになるための学校の種類

プロジェクトマネージャーになるための学力や学歴の要件はありません。

しかし、多くの人は大学や専門学校、高専などの卒業生です。

プロジェクト管理業務は、業務に精通しているだけでなく、ビジネス上のマネジメントの観点も求められます。

そのため、さまざまな分野の知識や教養が必要となり、高度な教育を受けた人が有利になります。

学校の中でも、情報分野だけでなく、経営学や心理学など広く学べる大学は大手企業に入る上でも有利です。

プロジェクトマネージャーに向いている人

プロジェクトマネージャーに適性が高いのは、多くの人とコミュニケーションを取るのが上手な人です。

プロジェクトマネージャーは、顧客というITスキルの低い人から、現場のITの専門家まで、幅広い相手と話してプロジェクトをまとめなければなりません。

そのため、互いの主張や要望、そして技術的な観点をしっかりと理解できることが求められます。

難しい話もわかりやすく伝えられる人や、相手の知識レベルを見抜く観察眼のある人は重宝します。

また、事務作業も多いため、書類仕事や調整作業を苦にしない人もプロジェクトマネージャー向きです。

プロジェクトマネージャーに向いている人・適性・必要なスキル

プロジェクトマネージャーを目指せる年齢は?

プロジェクトマネージャーはある程度の業務経験が必要であることから、30代~40代で担当する人が多いです。

しかし、案件の規模が小さい場合や、突出したスキルを持つ人の場合は20代からでもプロジェクトマネージャーになることができます。

早期にプロジェクトマネージャーを目指して仕事や学習に取り組めば、若くしてプロジェクトマネージャーになれる可能性は高いです。

急ぐ必要はありませんが、考えている人は、必要スキルを意識して伸ばしておくとよいでしょう。

プロジェクトマネージャーは高卒から目指せる?

高卒ですぐにプロジェクトマネージャーとして採用されることはありません。

企業に就職したとしても、実力や実績を示し、社内で認められるためには10年程度の期間が必要です。

高卒の場合は、業務での実力に加え、現在の業務外の知識を示すことが必要なため、資格取得はほぼ必須といえます。

自社内でなかなか昇格できない場合も、資格があればプロジェクトマネージャー候補の求人を探して転職できるでしょう。

プロジェクトマネージャーは女性でもなれる?

女性のプロジェクトマネージャーも多く活躍しています。

女性だからと不利になる要素がほとんどないため、純粋な業務上の実力勝負です。

男性中心の現場が多いため、女性であることでやりにくさを感じる場合もありますが、逆にやりやすい場合もあります。

産前産後の休暇や育休も認められていますし、一時的な休職や復職を支援してくれる企業も多いです。

女性エンジニアが増加するにつれて、今後も女性のプロジェクトマネージャーはいっそう増えるでしょう。

女性のプロジェクトマネージャーのキャリアパス・結婚後の生活

プロジェクトマネージャーを目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でプロジェクトマネージャーを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、プロジェクトマネージャーの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもプロジェクトマネージャーが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。