不動産営業の勤務時間・休日・残業

勤務時間

不動産営業は、賃貸仲介などの仕事に携わって店舗勤務をする人と、オフィス(本社など)に出勤して働く人に大別することができます。

店舗勤務をする場合の勤務時間は、店舗の営業時間に準ずることになります。

お客さまを迎えることになりますが、朝はそこまで早くなく、10時頃に開店するところが多いようです。

閉店時間は18時頃が一般的ですが、都心部では仕事帰りの人が立ち寄れるよう、夜遅くまで営業している店舗もあります。

店舗の掃除や片付け、翌日の準備なども含めると、閉店時間から1~2時間程度は残って働くことが多いようです。

一方、オフィス勤務をする場合には会社が定める勤務時間に沿って働き、9時~18時くらいが一般的となっているようです。

お客さまとのアポイントメントの状況によって1日の動きは異なってきますが、とくに高額な投資用不動産の営業ではお客さまの都合に合わせて商談に出向く機会が多くなり、早朝や夜遅い時間帯に動くこともあります。

休日

不動産業界は、古くからの慣習によって「水曜日」を定休日とする企業が多くなっており、営業職を含めたスタッフもその日に休むことが一般的です。

「週休1日」となっている会社もありますが、最近ではよりよい職場環境づくりに取り組む企業も増え、「隔週で週休2日」というケースも見られるようになっています。

ただし、賃貸仲介など明確に繁忙期が決まっているような仕事では、特別忙しい時期には休日出勤をして対応することもあるようです。

残業

不動産営業は給料が比較的よい代わりに、残業が多めといわれています。

その理由はいくつか考えられますが、歩合給を取り入れている企業が多く、個人の売上で給料が変わってくるため、残業をしてでも仕事に打ち込んで成果を出そうとする人が多いということが挙げられます。

また、厳しいノルマが課せられている場合には、ノルマ達成のために遅くまでテレアポやメールアポを行ったり、資料作成に取り組んだりといったケースも見られます。

不動産業界には、まだ古い体質の企業も多く残っているといわれており、サービス残業が求められるようなところもあるようです。