不動産営業の勤務時間・休日・残業

不動産営業の勤務時間

不動産営業は、来店客を相手に「カウンターセールス」を行う店舗勤務の場合と、こちらから「外回り」で営業をかけるオフィス勤務の場合とで、若干勤務時間が異なります。

店舗勤務の場合は、基本的に開店時間と閉店時間に合わせて働くことになり、およそ10時~19時くらいが勤務時間となります。

ただし、朝は開店前の準備作業が、夜は閉店後の事務処理や片付け作業があり、前後ともにもう少し労働時間が長引くのが一般的です。

オフィス勤務の場合は、職場や事業内容にもよりますが、店舗勤務より始業・終業とも1時間ほど早く、一般的なサラリーマンと同じように9時~18時前後で働くケースが一般的です。

外回り型の不動産会社は、店舗の営業時間ではなく、お客さまの都合に合わせて働き、早朝や夜遅い時間帯に働くことも多く、働く時間帯は店舗型より不規則になりやすい傾向にあります。

不動産営業の休日

物件を探すお客さまは、世間一般が休みとなる土日祝日ほど多くなります。

このため、不動産営業は基本的に土日祝日が出勤日となり、休みは平日のどこかで取得する「シフト制」が採用されているところがほとんどです。

ただし近年では、政府主導の「働き方改革」の影響もあって、労働環境を改善するために、少なくとも月に1度は土日に休めるようにシフトを調整するという動きも見られます。

なお、かつての不動産会社は、「契約が水に流れる」という連想から、水曜日を定休日とするところが大半でした。

しかし近年では、古い慣習にとらわれるよりもお客さまの利便性を優先して、店は年中無休とし、スタッフは交代で休むというところが増えています。

不動産営業の残業時間

不動産営業は、かなり残業のかさみやすい仕事です。

契約を勝ち取るには、いかにしてお客さまの利便性を向上させるかがカギとなります。

このため、仕事帰りに立ち寄ってもらえるよう夜遅くまで店を開けることもあれば、お客さまのスケジュールを優先して早朝や深夜帯に訪問することもあります。

また、仕事が長引く別の要因として、「ノルマ」の存在もあります。

不動産営業は、自身の成績がそのまま給料に直結する「歩合制」が取られている職場がほとんどです。

ノルマをクリアして、よりよい成績を収めたいと思えば思うほど、電話営業やメール営業、契約事務、提案準備といったさまざまな仕事に追われて、労働時間はますます長引きます。

不動産営業は忙しい?激務?

不動産営業は、年度末の2月~3月ごろにかけてが、1年で最も忙しい繁忙期となります。

年度末は、進学や就職、転勤などが集中し、新生活が始まるタイミングなで個人客も増えます。

年度末は企業の多くが決算期を迎えるため、予算の締め切りや税金対策などの都合で、法人客も増えます。

とくにピーク時の2週間ほどは、休日返上で働きづめになるうえ、連日深夜残業が続く激務となることも珍しくありません。

また、年度末でなくても、ノルマの達成状況しだいで、月末のたびに非常に忙しくなる可能性もあります。

営業成績が良くない月は、月末が近づくほどに、心身ともに追い込まれることになるでしょう。

不動産営業の休日の過ごし方

不動産営業の休日はかなり不規則ですので、予定をそろえて友人や家族と遊ぶという機会は限られます。

それよりは、一人で家でゆっくりする、一人でどこかへ出かけるという過ごし方のほうが多くなるでしょう。

平日が休みというのは、決して悪いことばかりではありません。

土日は混雑している人気スポットも、平日ならばすいています。

ショッピングを楽しんだり、映画鑑賞や美術館巡りなどもしやすいでしょう。

仕事で数多くの人とコミュニケーションを取ることになる不動産営業は、休日は一人で静かに過ごすなどして、自分のなかでメンタルのバランスを取ることも大切です。