予備校講師のやりがい

明確な結果がモチベーションに繋がる

予備校には、学校の授業についていけない、志望校に受かるためには偏差値が足りないなど、切実な悩みを持つ生徒が集まります。

大学受験という人生の分岐点に関わることも多く、教え方次第で生徒の人生を左右することもあるでしょう。

責任が重い分、予備校講師のやりがいは大きくなります。

学校の成績や模試の点数がアップした、志望校に合格できたなど、生徒が目標を達成したときの喜びはひとしおです。

積み重ねた努力はクオリティの高い授業につながり、生徒からの評判も高まり、結果へと結びつきます。

努力をすればするほど、予備校講師としてのやりがいを感じることができるでしょう。

ただし、結果を得るためには予備校講師としての実力が必要です。質の高い授業をすれば生徒の理解力は高まりますが、努力を怠ると結果が出ず、最悪の場合解雇もあり得るという厳しい面もあります。

ダイレクトな反応が返ってくる

通信型などの特殊な例を除き、予備校講師は生徒と直接触れ合うことができます。

授業の良し悪しが生徒の視線や態度からダイレクトに感じられるので、いい反応を得ることができれば励みになりますし、逆の場合は教え方の改善に繋げることができます。

1回1回の授業が力試しになるので、そのつど試行錯誤を重ねれば着実にステップアップすることができるでしょう。

また、時には生徒から直接授業の感想を聞くこともありますし、保護者から感謝の声が届くこともあります。

予備校講師として日々努力を重ねる中で、生徒や保護者からの声は何にも代えがたい喜びになるでしょう。

自分らしさが売りになる

予備校講師は実力主義のシビアな世界です。予備校講師として生き残るために一人ひとりが熱心に授業に取り組んでいます。

「予備校の授業は学校より情熱的だ」という声を聞くことがありますが、その背景にはこういった切磋琢磨があるのでしょう。

大勢の予備校講師の中で突出するためには、「自分にしかできない」教え方を見つけることが必要です。

自分なりの解き方や入試対策だけでなく、人間的な魅力も重要な要素になってきます。

個性を活かした授業ができるのは、自由度の高い予備校講師ならではの特権です。

自分らしさを大切にしたい教育業界志望者にとって、予備校講師はこの上ない活躍の場といえます。