海外ウエディングプランナーとは?

ウエディングプランナーの活躍の場は国内だけではありません。近年は海外で結婚式を挙げるカップルが増加しており、そういったカップル向けに、海外諸国での挙式をプランニングできる海外ウエディングプランナーが求められています。

海外ウエデイングプランナーになるには

海外ウエディングプランナーにも特別な資格は必要ありませんが、日本のブライダル養成スクールなどには通っておくとよいでしょう。

そこで海外ウエディングについての知識をつけ、その後、さらに現地の海外ウエディングプランナー養成スクールで学ぶ、という道が一番の近道となります。

海外で働くにはビザの取得が必須

海外でウエディングプランナーとして働くことができる方法として、いくつか例を挙げてみます。

・国内で海外ウエディングを取り扱っている会社に入社し、海外支店勤務となる。
・現地の日系ウエディング会社に就職する。
・現地の大学や専門学校を卒業する際のインターンシップ制度を利用し、ウエディング会社に雇ってもらい、そのまま会社にワーキングビザを取ってもらう。

海外でウエディングプランナーとして働く場合、その国で就労可能なことを示すビザが必要です。

いくらウエディングプランナーとしての経験が豊富でも、基本的に「就労ビザ(労働ビザ)」がなければ働くことはできません。

そのほか、その国に永住できる「永住ビザ」を取得して働くという方法もあります。

また、ワーキングホリデー制度がある国の場合、「ワーキングホリデービザ」を使って勤務することも可能ですが、ワーキングホリデービザは最長1年という制限つきであることと、年齢制限があるため注意が必要です。

短期間でも欧米のウエディング業界を体験したいという場合にはよいかもしれません。

まれにワーキングホリデービザでドレスショップやイベント会社で働いているうちに、会社がスポンサーになって就労ビザを取得してくれることもあります。

海外ウエディングプランナーに必要なこと

仕事上のコミュニケーションはその国の言語で行います。自分が働く現地の言葉は確実に習得していなければ、仕事もままならないでしょう。

「海外で挙式したい!」という日本人カップルにとって、海外での挙式は楽しみの反面、大きな不安も併せ持っています。

新郎新婦が100%プランナーを頼りにしてくるため、責任感も国内プランナー以上に高く持っていなくてはなりません。

現地人のウエディングを担当したいのであれば、現地のブライダル事情や歴史・文化などにの知識も必要ですし、スムースなプランを進行させるには現地の式場や業者ともつながっている必要があります。

現地のプランナーの働き方

日系のウエディング企業に就職

日系のウェディング会社は、日本からのお客さまのウエディングをコーディネートします。ウエディングプランナーは、挙式会場、披露宴会場、フローリスト(花屋)、写真、リムジンなどの手配を個別に行います。

フリーランスとして働く

欧米のブライダルは日本のシステムとはまったく異なり、ウエディングの専門式場やホテル内に婚礼部門はありません。

したがって、現地のウエディングプランナーはほとんどが独立してフリーランスでプランナーをしているか、イベント会社のブライダルコーディネーターとして働いているのが実情です。

通常は花嫁が直接ウエディングプランナーを雇い、ウエディングに必要なものを準備していきます。

海外ウエディングプランナーの未来

海外での挙式が珍しかった時代は、「その場所で結婚式を挙げること」に重きをおいた画一的なプランニングでした。

しかし、海外で式を挙げるカップルの増加にともない、より個性的であったり斬新なコーディネートが提案できる質の高いプランナーが多く求められるようになっています。

海外挙式の需要が高くなっている今、海外ウエディングプランナーという仕事は非常に注目され始めています。

仕事体験談