フリーランス、個人のウエディングプランナー

まずは経験を積むことから

ウエディングプランナーにはフリーランスで活動するという選択肢も存在します。

基本的には資格が必要とされない職業であるため、ブライダルの知識さえあれば誰でも独立は可能です。

しかしながら、この業界は式場とのつながりや実績などが重視されます。

まったく経験がない状態での独立は現実的ではありません。

多くの式場を渡り歩いたほうが有利

フリーランスとしてウエディングプランナーの仕事をする場合は、基本的には新郎新婦から直接依頼がくるか、式場からの委託依頼がくるかのどちらかです。

最近ではフリーランスのウエディングプランナーの仲介を行うサイトもあるので、このようなサイトをきっかけに仕事のチャンスを掴む人も増えています。

いずれにしても人脈や実績がなければ仕事をとってくるのも難しいため、フリーとして活躍している人は、長年この職業をしてきた経験がある人がほとんどです。

大切なのは多くの式場での仕事を経験していることです。

挙式のやり方やシステムなどは式場により違うため、一つの式場でしか就業経験がない場合、イレギュラーな状況に対応できなくなります。

また、多くの式場で顔が知られていると、さまざまな方面からプランニングの依頼がやってきます。

もしも最終的にフリーで活動していこうと思っているのであれば、さまざまな式場で人脈を作っていくことが必要です。

資格を持っておくと便利なことも

ウエディングプランナーとして働く上で必要な資格や免許はありませんが、フリーランスの場合はさまざまな資格を取得しておくことがお客さまからの信頼につながることもあります。

「ブライダルプランナー検定」のようなブライダル関連の資格を取得しておくと、第三者に対しても基礎知識があることをアピールしやすいので便利でしょう。

また、ウエディングプランナーは式の演出や衣装、装花についてアドバイスをする立場なので、「フラワーデザイナー」や「色彩検定」のようなセンスを証明する資格も有効です。

これ以外にも、「TOEIC」や「英検」のように語学の資格があると外国人のお客さまや海外での挙式を希望する新郎新婦の式のプロデュースにつながることがあります。

フリーランスとして活躍するのであれば、得意分野はひとつでも多いほうがいいというのが実情でしょう。

積極的にさまざまな資格試験に挑戦して、履歴書に書けるような特技を増やしておくことが大切です。

フリーランスの収入(報酬)

新郎新婦から直接依頼を受ける場合は、プランニング料として自分自身が設定した金額で取引することになります。

しかし、こういったケースをとる人はさほど多くないようで、ほとんどは式場からの委託での仕事になり、報酬も式場から支払われます。

フリーランスで活動する人の場合、仕事の量に収入が左右されるため、不安定な生活にもなりがちです。

ただし、実力があり著名になることで大規模な結婚式を任せられることもあります。

そういった人であれば、平均的なウエディングプランナーの年収以上の収入を得られる可能性はあります。

仕事体験談