通訳の仕事内容

通訳とは二つ以上の国の言語を使うことができ、状況に応じてある言語を異なる言語に変換(翻訳)することを職業としている人のことをいいます。

近年、日本でも国際化が進み、さまざまなシーンで通訳の需要が高まっています。

通訳には、大きく分けて以下の3つの手法があります。

同時通訳

同時通訳は、話し手の言葉を聞くと同時に、別の言語に訳す手法です。外国のニュースの同時通訳や、国際会議などの場においての仕事が主となります。

話している外国語をその場で聞き取り、その意味や言いたいことをしっかり理解し、それを受け取る側の人間に向けてわかりやすく通訳していきます。

この同時通訳は通訳の仕事のなかでも、非常に高いスキルが要求されるタイプの仕事です。

語学力はもちろん、話している相手のワンテンポ後にすぐ伝えなくてはならず、「話しながら聞いて翻訳する」という高度な技術が求められます。

高い集中力も必要とされ、一人で長時間行うことはできません。重要な会議では、だいたい15分ごとに交代します。

同時通訳は業界内では、花形的ポジションといわれています。

逐次(ちくじ)通訳

逐次通訳とは、話し手が言葉を区切って喋り、通訳者がその部分の内容をまとめてから訳す方法です。

ノートなどにまとめた後に通訳を開始する状況もあり、同時通訳より時間がかかってしまいますが、一呼吸おいてから通訳をするため、より正確に伝えることができます。

おもに海外の専門家などの意見交換会や、ワークショップ、インタビュー、プレス向けの製品発表会や講演会など、即効性より正確性を求められるような場所で使われることが多い手法です。

ウィスパリング

ウィスパリングは、基本的には同時通訳と同様の流れですが、「通訳者がその場に立ち会う」という点が通常の同時通訳とは違うところです。

通訳者は聞き手側の人間の隣に立ち、聞き手の耳元でささやく程度の音量で同時通訳をしていきます。

わざわざブースを使ったり、別室でのモニタリングなどの手間がないため、商談や社内の会議や海外業者の製品のプレゼンテーションなど、ビジネスシーンでよく使われる手法です。

通訳の活躍の場

通訳は、国際舞台におけるさまざまな場所で活躍しています。

会議通訳

国際会議での通訳です。非常に重要な役割を担い、経験と実力がある通訳が担当することがほとんどです。

ビジネス通訳

商談や会議などのビジネスの場で通訳をします。商談の内容によって、専門知識が求められることもあります。

スポーツ・芸能通訳

海外のスポーツ選手や来日する芸能人の通訳を担当します。

通訳案内業
日本を観光で訪れる外国人に対して、ガイドの役割をする仕事です。有料でガイドをする場合には、「通訳案内士」という国家資格が必要とされます。

通訳案内士の仕事

随行通訳

外国人の方々が日本へ仕事で買い付けや、その他さまざまな目的で来日した際に、同行しながらガイドとともに通訳のサポートを行います。

通訳に求められるもの

どのような場所や領域で活躍するとしても、通訳にとっては、高い語学力が必須となります。

また、ただ読み書きができるというだけではなく、外国語を正しく聞き取る力、そしてその内容を日本語に変換する力、とくに瞬発性のある対応能力が欠かせません。

難しい仕事ですが、自国と外国の架け橋となる誇りとやりがいを感じながら働けるでしょう。