通関士の試験の難易度・合格率

通関士試験の難易度・合格率

通関士試験の難易度

通関士として働くためには、通関士試験に合格していることが必要になります。

合格率はここ数年は10%前後で推移しています。通関に関するかなり細かい部分が問われることもあり、合格することは簡単ではありません。

問われる内容も、難化してきているともいわれています。今後、貿易実務の重要性が増して、通関士の仕事の質がより一層問われるからです。

なお、通関業務に従事する期間が5年以上の場合には「通関実務、15年以上の場合には「関税法人等」と「通関実務」の2科目の試験が免除となります。

通関士試験の合格基準

しかし、合格率が低いからといって、あまり恐れる心配はありません。

大学入試・公務員試験などと異なり、定員は設けられていませんので、他の人と競争するような試験ではないのです。あくまでも、合格できる知識を持っているかどうか、それが問われるわけです。

具体的には、3科目5項目それぞれについて、60%以上の得点を取れば、合格することができます。

試験の合格率は、あくまでもその年の問題がどれくらい難しかったのか、ということを知る際の参考程度にしかなりません。

受験資格に制限がなく、受験料も3,000円と安価なので、それほど本気でない人も数多く受験している可能性があります。

これが全体の合格率を下げる一因となっているともいわれています。

通関士試験受験者数

通関士試験の受験者数は、平成19年以降、減少の傾向にあります。平成27年度の受験者数も前年より減少し7,578人となりました。
通関士試験受験者数_27

通関士試験合格者数

通関士試験の合格率は、実施年によってややばらつきがあります。平成27年度試験の合格率は10.1%となっています。
通関士試験合格率_27

平成27年度通関士試験の概要

試験日 平成27年10月4日(日)
願書受付 平成27年7月27日(月)から同年8月10日(月)
試験地 北海道、新潟県、東京都、宮城県、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県
受験資格 受験資格に制限はありません
試験内容 1.通関業法
2.関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法(同法第6章に係る部分に限る。)
3.通関書類の作成要領その他通関手続の実務
合格基準 ・通関業法:満点の60%以上
・関税法等:満点の60%以上
・通関書類の作成要領その他通関手続の実務:満点の60%以上
合格率 10.1%(平成27年)
合格発表 平成27年11月27日(金)に合格者の氏名及び受験番号を官報に掲載し、受験した税関の各官署に合格者の受験番号を掲示
受験料 3,000円
詳細情報 税関 通関士試験