消防士の1日

ある消防士の1日の流れ

8時30分

消防士の1日は、勤務につく消防士と、いままで勤務していた消防士の交代を行うところからスタートします。一般でいうところの申し送りに相当します。

前日の業務について連絡事項があれば逐一聞き出し、メモをとります。次いで車両の点検や装備品などのチェックを行います。

消火用ホース、空気呼吸器、無線テストなどを行い、異常がないかを確かめます。ここまでが新しい1日の準備です。

9時30分

業務は、連絡事項の整理や書類の確認などを行いつつ、出動に備えます。

消防署によってはこの時間帯を利用して、ストレッチ、腹筋、腕立て伏せなどの体力練成を実施しています。

身体をほぐし体力強化に努めることで、スムーズな初動につなげることが大事です。

12時00分

昼休みに入ります。消防署によって異なりますが、お弁当の持参を原則としているところと、自炊を原則としている署があります。

自炊の場合は当番制です。緊急時に備えるため外食はありません。

13時00分

出動に備えて、出動信号テストや備品のチェックなどを行います。

出動指令には、「火事」、「救急」、「救助」、「警戒」の4種類があり、それぞれ異なる出動音によって知らされます。異常がないかを確かめ待機します。

14時00分

出動要請がなければ、訓練プログラムに入ります。

放水・救急・救助訓練、部隊ごとの初動体制や連携を確かめる部隊訓練があります。

16時30分

清掃、ミーティング、出動信号テスト、食事とつづき、ここまでが1日の一区切りといった感じです。

食事はだいたい19時までに終わります。

19時00分

近況にあわせて重要事項となっているテーマを取り上げて勉強会を行ったり、消防車が入っていけない複雑な地勢・家屋の密集地を取り上げたりして、ルートの再確認を行います。

23時00

自由時間です。署によって異なりますが1時間程度のフリータイムを負えた後仮眠に入ります。

緊急出動に備え、制服のまま仮眠に入ります。

6時30分〜7時00分に起床し、出動信号テスト、掃除、車両・車庫の点検を行った後、交代準備に入り、新しく勤務につくメンバーと交代して1日を終了します。