消防学校の生活、学ぶこと

大切な基礎訓練

消防官として採用されると、最初の段階で必ず入ることになる消防学校。

そこでは体力練成をはじめ、消防活動に必要な機材・機器の取扱い、消火活動訓練、心肺蘇生法など、消防士として活躍していくうえで必要な知識と技能を身につけます。

消防士は現場の第一線に出て消火・救命活動を行う職業ですからどれも大事な項目ですが、とくに体力づくりと基礎訓練は、すべての基になるという意味で重要視されています。

入学してくる人のなかには、体力に自信がなく不安を抱えている人もいるようですが、消防学校といっても決して映画に出てくるような鬼軍曹がいるわけではないため、それほど心配することはありません。

消防学校によって多少の違いはあると思いますが、消防学校の1日は、人員点呼にはじまり、体力練成を行った後、清掃、朝食、服装の点検などがあり、午前のカリキュラムに入ります。

体力練成は朝一番で行われることが多く、その内容としてはストレッチ、ランニングや筋力トレーニングが基本となっています。

訓練期間は半年〜1年

東京消防庁の場合、学生訓練棟という施設が用意されており、放水訓練や梯子をかけて昇り降りする訓練が行われます。

またビルや住宅街を模した訓練施設では、中層ビルや高層ビルの火災を想定した消火・救命訓練、地下街のショッピング施設などで起きる火災を想定した消火訓練なども行われます。

そのほか、はしご車訓練、救助訓練などがあり、1日のカリキュラムとしてはかなり充実した内容です。

消防学校は半年から1年の訓練期間を経て卒業となり、卒業後はそれぞれが所属する消防本部に戻って、消防士としての任務に就きます。

寮生活を送る

消防学校は、ほとんどの自治体で「全寮制」となっています。

消防職員として決められたルールの下で生活することが求められ、入校直後などは、外出制限や外泊禁止といった厳しい規則が敷かれていることも珍しくありません。

食事や入浴、就寝などの時間も決められています。

ちなみに訓練中の期間であっても、各市町村から消防学校への入学・研修を命じられた消防職員として、給与・各種手当等が支給されます。

そのため、一般的な高校や大学などの学生の生活とはまったく異なるものとなりますし、使命感を持って過ごす必要があります。

決められた訓練以外の時間にも自主的にトレーニングや勉強を重ね、少しでも早く一人前になろうと努力していく姿勢が求められるでしょう。