書道教室を開くには

書道教室を開くのに必要なこと

書道教室を開くために必須となる資格や免許はありませんので、誰でも書道教室を開くことができます。

ただし、教室を継続・維持させていく上で必要なのは、人に教えられるだけの書道の技術と意志があるかどうか、そして人を集められるかどうか、です。

ただ単に「書道教室を始めました」といっても生徒が集まるわけではありませんし、集まっても書道を教える力量がなければ、生徒は離れてしまいます。

流派に所属する

生徒集めにはノウハウや肩書きが必要となるので、多くの書道教室の先生は、どこかの流派に所属しています。

基本的にはその流派の「師範」の免許を取得してから教室を開きます。

生徒はその流派の書道を習い、その中で級や段を上げていくという形になります。

どこにも所属していないのであれば、競書誌を取り寄せ、どこの団体に所属したいのかを決め、申し込んでみるとよいでしょう。

書道教室を開く場所

書道教室は、生徒を受け入れられる空間であれば、どこでも教室を開くことができます。書道教室で多いのは、先生の自宅や家の近くの公民館などです。

自宅ですと無料で空間が確保できますが、公民館などの公の施設を借りるとお金が発生します。

収入との兼ね合いで、生徒数が増えるまでは赤字になる可能性もありますので、収入と支出のバランスを見て場所を決める必要があります。

書道教室を開くのに必要な物

書道を教えますので、書道道具一式、机、ゴミ箱などが必要です。半紙や硯、筆などの消耗品は、補充できるようにストックしておく必要があります。

また、人を集めるためのチラシを作っている人もいます。生徒が集まれば、口コミも期待できますが、最初は近くの人たちに知ってもらわなければなりません。

できればホームページも開設していれば、生徒集めに必要な認知度、信頼度が高まるでしょう。

これらはすべて、教室を開く前に準備しておくべきものとなります。