書道の師範とは

師範とは

「師範」とは、各流派での指導者として認定される資格のことを表します。各流派の中で、最も高い資格です。

師範のレベルや認定基準は各流派によって異なり、師範という資格は取得した流派内で有効です。

師範の認定方法も、各流派によって異なります。

師範になるには

師範になるためには、どこかの流派に属している書道教室に入門し、先生の下で経験を積むことが一般的なルートです。

先生に習いながら師範を目指し、そのコースを受講したり、昇段試験を受けたりして一段階ずつ階級を上げていくという方法があります。

師範は各流派の指導者として認定される資格ですので、流派に所属していない人は民間の資格を取得するという形になります。

中には、その流派に所属していなくても、通信教育などで学んで試験を受け、師範の資格が取れる流派もあります。

また、全国書道教授資格認定試験で第一種から第三種までを段階的に取得するという方法もあります。第三種に合格すると師範十位という位に認定され、師範の資格が得られます。

通信教育の師範のコースを取得するためには、師範の試験を受けられるレベルになってから、少なくとも2年以上は必ず必要とされています。

通信教育で取得する師範試験は比較的簡単で、流派に所属して通いながら取る一般的な師範資格より技術的難易度が低いとされています。

師範の必要性

師範という資格は、書道家のレベルを示す指標として有効です。

書道教室を開いたり、個展などを開いたりする場合、「師範」という資格は対外的に分かりやすい指標となり、教室や個展の看板となります。

これがないからといって書道家になれないわけではありませんので必要性は低いです。また、教員になるにも、師範の免許は必要ありません。

しかし、書道の道で十分な経験を積み、その流派の書道を教えるに値する人として認定される免許ですので、技術が高い証明としてとっておいて損はない免許です。

ただし、師範の免状を発行する手数料がかなりの金額がかかるので、師範の試験に合格しても、免状を発行する人は比較的少ないようです。

免状を発行しなくても、師範の資格が消えることはありません。