車掌の現状と将来性

車掌の現状

車両の性能が上がり、コンピューターを利用した運転技術も進化する中、昔に比べれば車掌の仕事も少しずつ変わってきているといえます。

車内放送がすべて自動化されている路線もあり、なかなか車掌の声を聞く機会がないという声もあるでしょう。しかし、出発や到着の際の安全確認、緊急時の判断、急病人の発生時などは、人の力でしか対応できないものです。

安全に確実に電車を運行させるには、電車を運転する運転士とタッグを組み、いかなる事態にも備えている車掌の存在が必要不可欠です。乗客にとって乗車中に頼れるのは車掌です。

また、サービス面でも車掌はとても重要な役割を担っています。的確でわかりやすく案内を行ったり、困っている人に手を差し伸べたりなど、車掌にしかできないことはいくつもあります。

この先さらなる自動化が進んでも、車掌が全くいなくなることはないでしょう。

運転士を目指すことも可能

車掌業務を数年間経験すれば、運転士になるための試験を受けられるチャンスも巡ってきます。

運転士になるには国家資格に合格し、厳しい訓練を乗り越えることが必要ですが、将来の運転士を目指して車掌の仕事を頑張る人もたくさんいますし、採用試験でも「運転士候補」と掲げられた上で駅員採用されることもあるほどです。

ただし、運転士になるには厳しい身体条件(視力など)もあるため、身体に自信がない場合などは、そのまま車掌としてキャリアを重ねていくことも可能です。

ベテランの車掌を目指すのか、運転士を目指すのかは自分次第ですが、さまざまな可能性が持てる将来性のある仕事だといえるでしょう。