女性の車掌

男女関係なくキャリアアップ

近年、各鉄道会社では積極的に女性の現業職採用を行うようになりました。実際に、女性の車掌を見かける機会は日に日に増えていますが、まだまだ珍しがられる機会もあります。

しかし、特にお年寄りや小さな子どもなどからは、女性の柔らかで温かみのある対応に安心するという声も挙がっています。

仕事内容やキャリアアップに関しては、男性も女性もまったく違いがありません。駅員→車掌→運転士とステップアップしていくことができますし、車掌はもちろん、女性の運転士も登場しています。

今後も女性の車掌はますます増えていくことが予想されます。

女性の働きやすさは?

女性にとって特に気になるのは、体力面と泊まり勤務が必須であることではないでしょうか。車掌は一日中立っている時間が多く体力を使いますし、安全に気を遣うため集中力も必要とします。

気力も体力も必要となり、女性であっても心身ともに強く健康であることは大切です。

また終電や始発の運行があるため、泊まり勤務はどうしても避けられません。休日も土日と決まっているわけではなく、シフト勤務ですのでどうしても不規則な生活になりがちです。

しかし、業務中の集中力を保つためにしっかりと休みはとれますし、トラブルが発生しない限りは残業もさほど多くありません。

鉄道が好き、人と接することが好き。そのような情熱があれば、男女の区別なく積極的に活躍できる仕事です。