声優になるには

まずは養成機関で学ぶ

声優を目指す人のほとんどは、声優の養成所や各種スクールに入って学んでいます。

それは声優になるためには、声優プロダクションに入社しなければならず、その声優プロダクションは、声優養成所や声優コースのある専門学校で学んだ経験がある人を採用することほとんどだからです。

養成機関はプロダクション付属の養成所のほか、劇団付属の養成所、また専門学校や各種スクールなど、さまざまなものがあります。

学校では、正しい発音、発声、呼吸の仕方や演技などについて学びます。アニメの口に合わせて声を出すのにも技術が必要であり、声優としての基礎を身につけることができます。

学んでいる人の年齢は10代後半から20代前半がもっとも多いといわれますが、とくに年齢制限を設けていないところもあります。

だいたい1年から2年程度のレッスンを受け、声優に必要なスキルや知識を身につけていきます。

ただし、養成所やスクールを卒業しても、必ずしも声優プロダクションに入社することができるとは限りません。

プロダクションに所属

上記のような養成機関で学んだ後、声優プロダクションのオーディションを受験し合格すれば、マネージメントをしてくれるプロダクションに所属することができます。

しかし、はじめは「ジュニア・仮所属」と呼ばれる立場になり、新人のギャラが適用されます。

しばらく下積み期間としてさまざまな仕事を経験して実績を作ったら、ようやく正所属となり、ようやく一人前の「声優」といえます。

ですが、正所属になったとしても、安定的に仕事をもらえる人はほんのわずか。芸能プロダクションと同じようにマネージャーが営業を担当しますが、仕事を獲得するためにはオーディションに合格することが必要です。

プロダクションに入ることができてもオーディションに合格できなければ、仕事をもらうことができません。オーディションを受けながら勉強を続ける日々が続きます。

なかには、いくつかの養成所を渡り歩き、学びながら、プロダクションの所属を目指す人もいるようです。

努力を重ね、さまざまなオーディションに合格し、声優として実績を積んでいくことで、ようやく安定して仕事を得ることができるようになります。

声優を目指す人はたくさんいますが、安定して仕事をもらうことができている人はごくわずかです。

大学に行ってからでは遅い?

声優になるための年齢制限はないので、見聞を広めたり、一般常識を付けたりするという点では、まず大学に進むのもひとつの選択肢になるでしょう。

四年制大学や短期大学の演劇学科では、発声や演技の基本を学ぶことができます。

ただし、大学では声優の仕事に必要なことをすべて学べるわけではないため、卒業後はあらためて専門的な養成機関に入らざるを得ないのが実情です。

養成所は年齢制限を設けているところもあるので、それだけは注意しておきましょう。

今後の見通し

アニメの人気は衰えることを知らず、声優の人気はますます高まっています。

海外ドラマやゲームなどの仕事も増えてきており、狭き門であることに変わりはありませんが、声優の仕事は今後増えていくと予想されます。