理容師になるには

理容師になるには

理容師として働くためには、理容師国家試験に合格することが必要です。

理容師国家試験には受験資格があり、まず理容師の養成課程がある専門学校で2年(通信の場合は3年)学び、所定の課程を修了することが求められ、その後、国家試験に合格する必要があります。

理容師になるのに年齢制限はなく、高校を卒業してすぐに専門学校へ入学する人がいる一方、働きながら通信教育などで学んで理容師を目指す人もいます。

国家資格を取得すると、いよいよ理容室へ就職というのが一般的な流れとなります。

理容師に向いている人・求められる能力

お客さまの期待に応えて髪をカットするためには、技術とセンスが必要となります。手先が器用であり、デザインのセンスがある人がむいているといえます。

また、お客さまと話をすることも欠かせない仕事であることから、コミュニケーション能力も求められます。

理容室にはさまざまな年齢層の方が来店するため、どんな人とでも会話を合わせられる能力が必要です。

とくに聞き上手である人は、この仕事に向いているといえるでしょう。

理容師の就職状況

理容師数の減少

厚生労働省の調査によると、理容師は、1949年の約11万人から増加をつづけていましたが、1971年のピーク時に26.7万人に達した後は減少に転じ、2010年には23.8万人に減少したという統計データが発表されています。

これに対して、美容師は、1949年の4.5万人から増加をつづけ、1979年には理容師と逆転し、2010年には、45.7万人を突破。1949年の当時からは10倍となり、この20年間で45%増になっているとあります。

理容師数と美容師数が逆転した理由はいろいろ考えられますが、最も大きな原因の一つには、男女のユニセックス化があります。女性だけではなく、若い男性も美容室を利用するようになり、少子高齢化も相まってこのような現象が明確になりました。

理容師数の減少

こうしたデータを紹介すると、せっかく卒業しても就職先がないのではないかと心配になるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

理容専門学校の講師は、その多くがその学校のOBであり、自ら理容室を何軒も出している講師もいます。またOB会や業界全体のネットワークもしっかりしていて、歴史のある専門学校になるほどネットワークは強固です。

日本全国で活躍するOBたちの理容室が受け皿になり、就職のための連絡がリアルタイムに届けられるようになっています。

原則として生徒たちは、入学から早い時期に、実務経験を積むための入店を果たしますが、そうでない生徒も含めて就職率100%に近い実績(※理容師としての進路を選択し入店希望者を対象とした場合)を持つ学校が多数あります。

理容所数の推移

理容所数は年々減少の傾向にあります。平成27年3月末時点での理容所数は126,546件となっています。

理容所数の推移_26

理容師の現状と今後の見通し

理容師を目指す人が年々減少している状況です。理容師の平均年齢も上がってきており、若い理容師は非常に需要があります。

また、近年低価格のカットを行う店が増えており、従来の価格帯で施術を行う理容室の売上が厳しくなってきています。

サービスの多様化など、生き残りに向けてさまざまな施策を行う理容室が増えてきています。

そうしたなかで、高齢化社会の進展もあり、全国理容生活衛生同業組合連合会において「ケア理容師」という制度が生まれています。

ケア理容師制度とは、「理容店に来店する高齢者・障害者へのサービスや、在宅・施設での訪問理容サービスに焦点を絞り、そのために必要とされる学習内容で構成した理容師のためのオリジナル研修」のことであり、ケア理容師養成研修を受講することによって、ケア理容師としてPRすることができるようになります。

福祉に貢献するケア理容師

全理連 ケア理容師制度