管理理容師とは

管理理容師の主な仕事

2人以上の理容師が勤める理容室には、管理理容師を置くことが「理容師法第11条」で義務づけられています。

理容室で毎日使う機材や備品、あるいは理容室全体の清掃・空調管理など、多くの人が出入りする理容室において理容業務が衛生的に遂行されるように管理することが主な仕事となります。

管理理容師になるには

管理理容師になるには、理容師の免許を受けた後に3年以上理容業務に従事していることが前提となります。

さらに厚生労働大臣が定める基準に従って、都道府県知事が指定した講習会の課程を修了する必要があります。また講習会を受けた後に自店または勤務先の理容室で通常どおりの仕事を行い、衛生管理状態を調査した報告・改善書を提出するなどのプロセスが必要になります。

東京都知事が指定した講習会は以下のとおりです。参考までにご紹介しておきましょう。
<平成23年度管理理容師・管理美容師資格認定講習会>
主催者:財団法人 理容師美容師試験研修センター
〒135-8507 東京都江東区有明三丁目7番26号 有明フロンティアビルB棟9階
電話 03-5579-0211(代表)

●講習会修了証書について
所定の講習科目をすべてを履修した後、自店や勤務先で理容の業務に従事し、理容室の衛生管理状況を調査します。その調査で見つかった問題点や改善計画を提出し、講習会受講の成果があったと判定された場合に、届出者に対して修了証書が交付されます。