パイロットの仕事内容

離陸までにも多くの業務をこなす 航空会社で働くエアラインパイロットの役割は、旅客機を操縦して目的地まで安全に「人」と「貨物」を運ぶことです。一度のフライトを無事に終えるためには、パイロットもただコックピットに座って操縦す … 続きを読む

パイロットの種類

3つの国家資格 パイロットはライセンスを必要とする仕事です。ライセンスにはいくつかの種類があり、どれを所持しているかによってできる仕事の範囲や活躍の場も変わってきます。 以下の3つはいずれも国家資格で、それぞれ決まった飛 … 続きを読む

パイロットの就職先と活躍の場

航空会社 パイロットの就職先で最も代表的な存在と言えるのが、JALやANAを始めとする航空会社です。ここで働くパイロットは「エアラインパイロット」と呼ばれています。 これまで、航空大学校卒業生以外がエアラインパイロットに … 続きを読む

パイロットの魅力

空を飛ぶ感動 世の中には陸、海とそれぞれさまざまな交通手段がありますが、その中でも日常生活では見ることのできない雲の上を飛ぶ「飛行機」は、とりわけ私たちをワクワクさせてくれるものではないでしょうか。 現役のパイロットも、 … 続きを読む

パイロットの1日

国内線乗務の日 国内線乗務の日は、1日に3便程度のフライトを担当するのが一般的です。 飛行機は朝6時ごろから夜22時ごろまで飛んでいるため、朝一番のからお昼過ぎのフライトまで乗務する日もあれば、お昼過ぎから最終便までを担 … 続きを読む

新人1年目のパイロット

自社養成パイロットの一年目 「自社養成パイロット」として航空会社に入社した人の一年目についてご紹介します。 「自社養成パイロット」に採用された場合、入社時点では専門知識もなければパイロットのライセンスを全く持っていないの … 続きを読む

パイロットの現状と将来性

パイロット養成には莫大な費用がかかる パイロットは毎年定年退職者が出るため、定期的に若手パイロットを採用して育てています。特に、団塊の世代が続々と退職している昨今では、人材不足が一つの課題となっています。 しかし近年、各 … 続きを読む

パイロットのやりがい

長い時間学び続けて成長できる エアラインパイロットになれば、将来的には誰もが「機長」を目指すものです。しかし、そのためには15年ほどの飛行経験が必要になり、その途中にもさまざまな訓練を行わなければなりません。 パイロット … 続きを読む

パイロットの苦労、大変なこと

責任感の重さ パイロットが常に頭に置いておかなければいけないのは、「多くの人の命を預かっている」ということです。それだけに責任は重く、いい加減な気持ちで仕事をするわけにはいきません。 予期せぬトラブルが発生した際には精神 … 続きを読む

パイロットの体調管理

仕事は健康第一 パイロットにとって、何よりも大事だと言えるのは体調管理です。パイロット以外の人は飛行機を操縦できません。ですから、もしパイロットが突然空の上で倒れてしまったら、とても危険なことになります。 何かがあったと … 続きを読む