パイロットになるには

学生からパイロットになる パイロットの資格には、定期運送用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士の3つがあり、それぞれの試験に合格しなければなりません。 定期運送用操縦士は、JALやANAなどの航空会社のパイロット、事業用操 … 続きを読む

パイロットに向いている人、適性

健康であること パイロットは最低でも半年に1度「航空身体検査」と言われる特殊な身体検査を受け、定められた基準を超えなければ、この仕事を続けることができません。 そのため、常に健康な身体であることが何よりも大切になります。 … 続きを読む

パイロットに英語力は必要?

一定の英語力は必要 パイロットになるためには、ある一定の英語力が必要になります。 自社養成パイロット採用試験の応募段階で、TOEIC等のスコアが求められることはあまりありませんが、選考途中で英語の筆記試験はたいてい実施さ … 続きを読む

パイロットの訓練・機長になるまで

まずは副操縦士を目指す 機長になるためには、その前段階として「副操縦士」を目指す必要があります。 航空法上で2人の操縦士が乗務することが義務付けられている航空機においては、機長と副操縦士が1名ずつ乗務しています。私たちが … 続きを読む

女性のパイロット

女性のパイロットはいる? 男性の仕事と思われがちなパイロットという職業ですが、まだまだ人口が少ないだけで、決して男性だけのものではありません。 事実、JALやANAでは女性のパイロットが活躍していますし、各航空会社のパイ … 続きを読む