ペットシッターになるには

ペットシッターとしての採用

ペットシッターになるためには、どうすれば良いのでしょうか。

まず、この職業をめざすにあたっては、学歴や年齢による制限はありませんし、特別な国家資格なども必要ありません。

ペットシッターの派遣をしている会社に採用されれば、ペットシッターとして働くことが可能となります。

大手のペットシッター派遣会社では、ペットシッターとして働ける人を全国的に募集しているので、このような求人に応募すると道が開けるでしょう。

動物関連の資格保持者を歓迎

ただし、まったくの未経験者が最初から一人前のペットシッターとして働くのはとても難しいことです。

ペットシッターはお客さんにとって家族同然の存在であるペットの命を守るという役割を担います。

ペットがいつも通り安全に快適に過ごすためには、さまざまな知識やスキルが欠かせないのです。

犬や猫やウサギなど、ペットとしてよく飼われている動物の習性を知っていなければいけませんし、ケガや病気をした際の看護方法など、動物をケアする方法を知っていることも大切です。

さらに、トリミングや爪のカットを依頼されれば、このようなスキルが必要になることがあるのです。

こうした理由から、ペットシッターの採用の際には、ペットショップで働いた経験があることや動物関連の資格を取得していることを重視する傾向があります。

店舗によっては未経験者でも研修をしてアルバイトからスタートできることもありますが、実務経験や資格等がない人は最初から採用の対象外にしているケースもあります。

動物に関わる仕事をしていたか、少なくとも動物飼育経験がないと厳しいでしょう。

独立開業するために

ペットシッターになるためにはペットシッターを派遣する会社に採用されればよいので、必須となる資格はありません。

しかし、これはあくまでも従業員として雇われて働く場合の話です。

もしもペットシッターとして独立して開業したいのであれば、動物を取り扱う責任者として自治体に「動物取扱業」の登録申請をする必要があります。

この際に、

・動物取扱業の実務経験が半年以上ある
・営業予定の動物取扱業の種別に関わる知識や技術について一年以上教育する学校を卒業している
・客観的な試験により、営業予定の動物取扱業の種別についての知識と技術を習得していることの証明がある

の三つの要件のいずれかが必要となります。

最後の項目にある証明に関しては、「トリマー」や「認定ペットシッター」「ペットシッター士」などの資格を取得することでクリアできます。

トリマーの仕事
動物看護師の仕事

ペットシッターとして開業することを望む人は、まずはこのような資格の取得をめざすのも良いでしょう。