パラリーガルの資格

パラリーガルは公的資格ではない

パラリーガルとして働く際に、独自試験に合格して法律資格等の取得することが必要とされるわけではありません。

そのため、たとえば他の法律資格である行政書士や司法書士などのように、資格に基づいた独占業務や地位が認められているわけではありません。

パラリーガルは経験が重視される

公的資格ではないものの、法律事務所等で働く中で培うスキルや経験は非常に実践的で、専門的な内容が多いため、経験豊富なパラリーガルへのニーズは非常に高くなっています。

そのため、経験のない場合は、秘書業務などから始め、ビジネスマナーやパソコンスキルを身に着け、さらに法律事務の経験を積むことによって、スキルの高いパラリーガルを目指すことも可能です。

パラリーガルのスキルを認定する試験

現状、よりスキルの高いパラリーガルを育成することを目的として、パラリーガルのスキルを認定しようとする活動は行われています。

日本弁護士連合会の認定試験

日本弁護士連合会では、年に1度、法律事務所や公務所、企業や団体に在職する法律事務職員向けに能力向上を促すことを目的として、能力認定試験を実施しています。

この試験は、経験5年程度の中堅職員を対象とした、国内の民事・家事等の法的手続きに関する専門知識や実務能力を計る認定試験です。

受験資格は、「出願時点で、法律事務所に勤務する事務職員、公務所又は企業その他の団体において弁護士の事務を補助する者。」とされています。

一般社団法人日本リーガルアシスタント協会(JLAA)では、パラリーガルの講座受講者または実務経験者に対する試験に合格することで、民間資格としてパラリーガルの資格を認定しています。

資格はレベルに応じて、エレメンタリー・パラリーガル(初級)、インターメディエイト・パラリーガル(中級)、アドバンスド・パラリーガル(上級)の3段階に分けられ、実力に応じてステップアップを図ることができるようになっています。

講座の中では、法律事務所へ就職できるように履歴書の書き方、面接対策、インターンシップ制度などが提供されています。

仕事体験談