ナレーターの仕事内容

テレビ番組やCMで活躍

「ナレーター」という職業をイメージするとき、多くの人が思い浮かべるのがテレビやラジオの番組でナレーション(朗読)をしている人ではないでしょうか。

ドラマ、ドキュメンタリー、バラエティ、ニュース…とさまざまな番組で活躍していて、民間放送ではCMでのナレーションも行っています。

ナレーターの仕事は、言うまでもなく、ナレーションを入れることがメインです。

仕事は、

・放送作家やディレクターが作成した台本を受け取る
・打ち合わせで番組の内容や収録の手順を確認する
・リハーサル・本番と通して実際にナレーションを入れる作業を行う

という流れで進みます。

生放送の場合は修正が効かない一発勝負になるので、入念な準備と打ち合わせが必要とされます。

放送に携わるディレクターやプロデューサーからは「ニュース番組だから硬派な感じで読んで」「温かみのある番組になるように表現して」「ここの文章はもっと厳しい口調で」などさまざまなオーダーが入ります。

そのため、求められていることを瞬時に察して声に反映させる判断力や表現力が欠かせません。その番組の雰囲気に合うような声のトーンや間の取り方を考えながら、音声による演出を手掛けることになります。

また、専門的な番組になると難しい言葉を使うことになりますので、幅広い知識や文章を理解する高い読解力が必要とされる仕事ともいえるでしょう。

幅広い勤務先で活躍

ナレーターをめざす人のなかにはナレーターの養成専門学校に通う人も多くいます。

その他にも声優養成学校やアナウンサースクール、放送系の大学、通信教育のナレーター養成講座などの選択肢があり、放送の歴史を勉強したり発声や朗読のトレーニングをしたりして経験を積むことになります。

学校を卒業したあとは、さまざまな活躍の場があります。

NHKや民間の放送局のアナウンサーとして入局する人もいれば、放送関連会社や番組制作会社に就職する人、フリーランスのナレーターとして事務所に所属する人もいます。

事務所に入ることで、仕事をあっせんしてもらえるようになるのです。

いずれにしても、重要なのは「人脈」になります。

ナレーターは一度仕事を一緒にした人から次の仕事を紹介されることも多いので、まずはテレビ局やラジオ局、広告代理店などの人と知り合うことが必要です。

そして、その人たちに積極的に自分を売り込んで実力を評価してもらうことが仕事獲得への第一歩ともいえるでしょう。