舞妓の仕事内容

歩く日本文化

京都の街を可憐に歩く舞妓。おしろいを塗った白く美しい肌にほんのりとさす紅、しなやかな身のこなしに道行く人は皆視線を奪われます。

海外からの旅行者にとっても舞妓は日本文化を象徴する存在であり、その姿を見るのを楽しみに来日するという人も多いようです。

「芸妓」になるための見習いをしている15〜20歳の女性を「舞妓」と呼びます。芸妓、舞妓というのは関西地方特有の呼び方であり、関東地方では芸者、半玉と呼ばれています。

どちらも宴席を唄や踊りで盛り上げ、客をもてなす職業であることには変わりありません。

舞妓は「置屋」と呼ばれる事務所兼下宿所で生活しています。置屋が集まる地域を「花街」と言い、京都では上七軒、祇園甲部、祇園東、嶋原、先斗町、宮川町の6つの地域を指します。

2014年3月に京都市によって京都の花街文化が「京都をつなぐ無形文化遺産」に登録されたことからも舞妓が大切な日本文化の一つとして考えられていることがわかるでしょう。

舞妓の本分は修行

舞妓は一人前の芸妓を目指して唄や踊り、三味線などの芸事を日々鍛錬しています。

また着物の着付けや化粧、日本髪のセットなどの身だしなみを自分で美しく、そしてスピーディーにできるようになることも目指します。

ある程度の実力が認められると、宴席(お座敷)に呼ばれ、実際のお客さんに披露する機会を得ることができます。

舞妓は芸妓と同様に、その美しい容姿や所作、芸事でお座敷に来ているお客さんを楽しませることが主要な職務です。

しかし、舞妓はあくまでも芸妓の見習いという修行中の身分であるため、そこに賃金は発生しません。そのため「職業」と呼べるのかどうかは判断が分かれるところです。

賃金の代わりに舞妓の生活にかかる費用のすべては置屋と呼ばれる下宿所が負担します。

お客さんとのコミュニケーション

宴席では、日頃磨いている芸事を披露するだけではありません。お客さんと会話を楽しんだり、お酌をしたりなどの接待も大切な職務の一つです。

宴席に舞妓や芸妓を呼ぶことはお客さんにとって決して手軽な金額でできることではありません。お客さんはその分、お座敷に日常から離れた癒しを求めています。

そのため、舞妓は美しい唄や踊りを見せるだけではなく、お客さんが美味しいお料理やお酒を存分に楽しめるようにお座敷を華やかに彩る存在であることが求められるのです。

置屋での生活も修行のうち

舞妓は置屋と呼ばれる、いわば芸妓の養成所にそれぞれ所属しています。置屋に所属するために必要な資格などはありません。その代わり、置屋の女将さんに直接採用か不採用かを判断してもらう必要があります。

女将さんに認められると、舞妓として置屋での住み込み生活が始まります。

置屋では女将さんをはじめ、他の舞妓との生活を共にすることになります。舞妓の上下関係は厳しく先輩をたて、後輩の面倒を見るなど、生活の中で常に気づかわなければなりません。

生活にはいろいろな制約があることは否めません。たとえば、ほとんどの置屋で恋愛は禁止されていますし、髪の毛は常に日本髪にしておかなければならないので洗髪は週に一度ほどしかできません。

舞妓は一般的に恋愛やおしゃれを思いっきり楽しみたい年ごろの女性ですので、この辺りはつらいところかもしれません。この生活に慣れることも舞妓の本分である立派な修行の一つであるといえます。