舞妓に向いている人、適性

生まれ持った素質やセンスは武器に

多くの人を可憐な仕草や芸で魅了する舞妓は、日本を代表する伝統的な文化を担う職業です。

舞妓になるために、資格や学歴は必要ありません。その代わり、生まれ持った素質やセンスが大きな武器となりえます。

舞妓になるための第一歩として、置屋の女将との面接を突破しなければなりません。この時に体型や身長などの容姿や雰囲気などが舞妓としてふさわしいかどうかを見られます。

各置屋によって採用基準は異なり、要相談事項であることには変わりないのですが、長い歴史の中で良いとされてきた舞妓の容姿に合致していると判断された場合、舞妓として順調な滑り出しができたと考えていいでしょう。

また、小唄や日本舞踊、三味線や琴などの芸事の経験がある人も大きなアピールポイントになります。

何事も諦めずに取り組める人

舞妓の本分は「芸妓」になるための修行です。そのため、毎日多くの習い事をしなければなりません。

お客さんに披露するための唄や踊りを習い、腕を日々磨きます。当然これらはセンスも求められることでしょう。

しかし何よりも大切なのは毎日の修行に対して根をあげることなく諦めずに取り組めるかどうかということです。舞妓には修行に対する前向きな姿勢が求められます。

人と話すのが好きな人

舞妓は踊りや唄などの芸事をお客さんに披露する以外に、お座敷での酌や話し相手などといった「もてなし」を行わなければなりません。

ここではコミュニケーション能力の豊かさも求められます。人と話すのが好きな人、人を盛り上げるのが得意な人は舞妓になるための適性があるといえるでしょう。

協調性のある人

舞妓は置屋に住み込んで共同生活をしなければなりません。そのため、他の舞妓さんや女将さんとの協調性を守れるかどうかも重要なポイントであるといえます。

そして、舞妓の社会は女性だけの絶対的な縦社会です。先輩をたて、後輩の面倒を見るといった上下関係を円滑に構築できる人は特殊な舞妓の社会でもやっていけるでしょう。

体力に自信のある人

舞妓は一日のほとんどを芸事の修行に充てています。それは唄や踊り、三味線など多岐にわたっており、運動部の部活並みにハードであると考えていいでしょう。

他にも近隣への挨拶回りやお座敷での接待など舞妓の一日は息つく暇もありませんし、朝も早いので睡眠時間は短くなりがちです。

加えて、置屋での共同生活で常に他者を気づかわなければならず、舞妓の生活は心身ともに大変な重労働であるといえます。

そのため、体力がない人はとてもやっていけないでしょう。