考古学者になるための学校

大学進学が基本

考古学者として働いていくうえで、絶対に必要とされる学歴や資格はありません。しかし専門性を持ち、本格的に発掘調査や研究をしていきたいのであれば、まずは大学で考古学について学ぶルートが一般的です。

考古学関連の大学の学部・学科で代表的なのは、文学部、歴史学部、史学科、考古学科となります。その他にも、社会学科や文化財学科などで考古学が学べるところもあります。

学部・学科名だけに捉われず、カリキュラムをよく確認してください。

なお、考古学者はそれ自体が正式な職業名というわけではありません。上記に挙げたような大学を出た人の多くは、学芸員、公務員(教育委員会の文化財保護課勤務など)として働きながら、専門知識を生かしています。

学芸員は国家資格であり、資格取得のためには「大学で必要な科目を履修する」といった条件を満たさなくてはなりません。学芸員資格を持っていると仕事の幅が広がる可能性があるため、その点も踏まえたうえで大学選びをすることも考えてみるとよいでしょう。

学芸員になるには

なお、考古学者は専門性が必要とされますが、大学だけでは仕事に生かせるだけの専門性を深められないのが実情です。

そのため大学院へ進学し、研究を重ねて卒論を書き、実績を残したうえで就職を目指す人も少なくありません。

学びたい分野をイメージして大学を決める

考古学といっても、そのスケールは非常に大きなものとなるため、実際に学ぶ際には「どの時代の、どの地域を専門にするのか」を考えていくことになります。

自分が学びたい分野が決まっているのであれば、その分野を強みとしている大学を選ぶほうが望ましいです。

たとえば、エジプト考古学を学びたい場合は、早稲田大学文学部考古学コースがよいといわれています。

早稲田大学には、エジプト考古学の第一線で活躍し続けてきた吉村作治氏が過去に教授を務めていた実績もあり、エジプト考古学研究の先駆的存在といわれています。

これ以外にも、たとえば明治大学の考古学専攻は私立大学では最古の考古学専攻として知られており、日本の考古学を学ぶには適しているといわれます。

各大学がそれぞれ得意分野を持っており、その分野で著名な教授が在籍しています。

もし考古学関連の本などを通じて興味を持った大学教授がいれば、その大学で具体的にどのようなことが学べるのかについて、調べてみるとよいでしょう。