県議会議員の仕事内容

議会で議決する

県議会議員(県議)の最大の仕事は、議会で県政にとって重要なことがらを議決することです。

具体的には、条例(県の法律に匹敵するもの)の制定・改正、予算の決定、一定以上の金額になる契約の締結などについて議決します。

国政や県政にかかわる課題などについて、議会としてどういう意思を示すかという議決(決議)を行うこともあります。

議決までの流れ

ここで議案の議決までの流れを紹介しておきます。

議会に提案された議案は、議会内に設けられた常任委員会などの委員会に送り、審査します。

県議は、少なくとも一つの常任委員会への所属が義務付けられています。

常任委員会は、健康福祉、文教、農林水産などの分野ごとに分かれており、県議は自らが所属する委員会で、それぞれの分野に属する議案を審査します。

委員会での審査結果は議会に提出され、県議は、これを参考に議会で議案を議決することになります。

こうして下した議決通りに県が動いているかを調査・監視するのも県議の仕事です。

県議は、関係者のヒアリングなどを通じて県の活動状況を調査し、必要に応じ議会で県に質します。

なお、県議は議会で議決されたことを、県政報告として県民に伝えます。

議決の経緯や内容、県政についての自らの考えなどをレポートにまとめて配布したり、自身のホームページで発信したり、ミニ集会で述べたりします。

調査・研究活動

さて、議会が県議の晴れ舞台とすると、舞台裏の作業は調査・研究活動。地味ですが、適切な議案の審査や議決、県議自身の政策立案・提言などに不可欠なものです。

調査・研究活動は多岐にわたります。

たとえば、県民から寄せられた請願や陳情について調査し、各案件に応じて処理します。

県の課題とその解決策、県民の要望などを調査・研究するために、各種のイベントや集まりに出向いて県民と直接交流する機会を持ったり、専門家を訪ねて意見を聞いたり、先進的な活動で結果を出している他府県に視察に出かけたりすることもあります。

こうして収集した情報から検討すべきことがらを議案にまとめて議会に提出します。