県議会議員のつらいこと、大変なこと、苦労

県全域が持ち場という大変さ

県全域が県議会議員(県議)の持ち場。その分、課題についての調査は、広範囲に及ぶので時間、費用がかかります。

しかも、多くの場合、さまざまな要因が絡み合って課題が引き起こされているため、対応策を考えるにもかなり知恵を絞らなければなりません。

さらに、調査結果を基に県全体のメリットを考えて立案した政策は、抽象的なテーマになりがちです。

目の前の道路の修繕のように、そのメリットがすぐわかるものではないので、「なぜこの政策が必要か」、「どんなメリットをもたらすか」を県民にわかりやすく伝えなければ、「無駄に税金を使う県議」と思われ支持を失いかねません。

わかりにくい話をどう説明すれば伝わるか、ほとんどの県議の悩みの種になっているようです。

「いい暮らし」のはずが「貯金ゼロ」

県議は「いい暮らし」をしているイメージがありますが、実際の県議の給料(報酬)、年収は自治体によってかなりの開きがありますし、おまけに政治活動に給料を充てざるを得ないため、必ずしもすべての県議が「いい暮らし」をしているわけではないようです。

給料以外に調査研究などの費用として政務活動費も支給されますが、こちらも金額は自治体で異なり、使い道が限定されるので、すべてを必要な政治活動には使えないといいます。

おまけに4年に一度の県議選では、人口70万人弱の県でも選挙費用は平均200万円程度はかかりますし、別途供託金60万円が必要です。

こういう事情があるので、大半の県議は、給料から政治活動費の不足分を捻出し、選挙用に積立をしているようです。

政治活動と選挙にお金を回し、個人の貯金はゼロという議員も珍しくありません。

経済的な負担が小さくない点は、県議にとってつらいところです。

落選の痛み

生活費を削って政治活動に充て、それなりの選挙費用をかけて選挙に臨んでも当選は保証されていません。

万一落選すれば無職、県議に退職金はありません。経済的な不安定さが、県民の支持が得られなかった無念さ、悔しさを一層強め、つらく感じさせます。

それでも再出馬を目指す県議の多くは、自営業やパート・アルバイトをしながら政治活動を続けます。