県議会議員の勤務時間・労働時間

1年間で約98日だけ開かれる職場

県議会議員(県議)の職場「県議会」は平均で年間約98日だけ開かれます。

自治体や会議の議案にもよりますが、議会は大体午前10時〜11時に始まり、午後5時には終わるようです。

議会の日数や時間帯だけ見ると、県議の勤務時間は非常に短いのですが、県議は議会外での調査・研究を行うため労働時間はかなり長くなっています。

県議は、県全体の課題を扱うため、調査範囲は広いし、課題の背景も複雑なので、対応策を見つけ出すためには、多くの人たちに会って話を聞いたり、膨大な量の資料を集めなければなりません。

これらを必要なだけ行うとなると、どうしても昼夜、曜日を問わず働くことになるようです。

議会会期中は、議会の合間を縫って同僚議員と打ち合わせや情報交換をしたり、議会用の資料をつくったりしますし、夜や週末には議会での質問に備え原稿を作成したり、会合やイベントに顔を出したりなどします。

議会閉会中もフル稼働

議会が閉会すると、県政や県議会についての報告や調査・研究に時間を費やします。

自らのホームページやSNSなどのネットツールを使ったり、タウンミーティングを開いたりなどして議会の状況や県議自身の活動を報告します。

一方、調査・研究については、まず地域のお祭り、運動会などの催しに積極的に足を運び、町の人とふれあいながら県政への要望を聞き出します。

そして県の課題について自ら調査したり、専門家にヒアリングしたり、他府県まで視察に行ったりすることも珍しくありません。

地元の市議の依頼で、調査に赴き、調査結果をもとに県議会への要望書をつくることもあります。

さらに支援者のあいさつ回りにも力を入れます。在宅率が高いので、ゴールデンウィークなど、特に連休中のあいさつ回りを重視する県議もいるようです。

県議が参加する各種の催しは、多くの場合週末に開かれます。総じて、県議の休日は「ほとんどゼロ」だといいます。

4年に一度の選挙でさらに活動加速

「休日ほぼゼロ」県議の忙しさのピークは、選挙といっていいでしょう。

県議選では、告示日に立候補の届け出をすませてから投票日前日まの9日間が選挙運動期間。

しかし選挙に向けての活動は、選挙の大体半年前には始めるようです。昼は対話集会、後援会結成式、あいさつ回り、夜は演説の原稿や資料作成の日々が数カ月にわたって続きます。

告示後は出陣式に始まり、遊説、街頭演説、個人演説会、総決起集会から最後のお願いまで全力で戦います。

1年を通じ、勤務時間は短く、労働時間は長いのが県議の仕事のようです。