アイドルのつらいこと、大変なこと、苦労

何よりつらいのは売れないこと…

アイドルで一番つらいのはやはり、なかなかファンが付かなかったり、いつまでたっても人気が出なかったりするときでしょうか。

同期のアイドルが売れていくのを見て、不安になることもあるでしょう。

後からデビューした後輩のほうが人気が出てしまい、悔しい思いをすることもあるでしょう。

そんなことをしている間にもどんどん歳は取ってしまい、焦りだけが募る。

家族や友達に「もう諦めて学業に専念したら?普通の仕事に就けば?」と言われ、所属事務所にも「もっとがんばれ」とプレッシャーをかけられることもあります。

今やトップアイドルと言える人たちでも、やはり一番つらかったのは「下積み時代」「なかなか人気が出なかったとき」と答える人が多いのは当然といえるでしょう。

肉体的な疲れは精神をも病む

ある程度人気が出て、売れてくると、どんどん仕事が増えていきます。

その内容も、テレビ出演やコンサートなど大きな仕事から、握手会やサイン会までさまざま。

トップアイドルともなれば分刻みで雑誌取材などが入り、朝から晩まで一日で数十媒体の取材を受けるなんてこともザラにあります。

やっと取材が終わったと思っても、その次は撮影など、文字通り寝る暇もありません。

合間合間にとる食事もままならず、気づけば一日一食もまともに食べてないなんてこともざらにあります。

アイドルは基本歳も若いので体力もありますが、それでもやはりハード過ぎて身体を壊してしまうこともあります。

人気アイドルグループ「AKB48」を見ても、イベントや握手会で倒れたりした人が何人もいます。

体重激減、もしくはストレスの反動で過食症になってしまい太ってしまうアイドルがいるのもこのためなのです。

プライベートがない

長い目でみればもしかしたらこれが一番大変なことかもしれません。

顔や名前がそれなりに売れてきたら、お休みのプライベート時間も、自由には動けません。

むやみに町に出たら、あっという間にファンに囲まれてサインや握手、記念撮影をせがまれ身動きがとれなくなります。

平日の夜や週末など、人通りの多い時間帯にプライベートでの外出は禁物。

万が一、公共の場に出る際にも帽子、マスク、サングラスなどでの変装が必須、どこで誰に見られているかわからないので、落ち着いて買い物もできず、結局すぐ家に帰ってしまうなんてこともあるでしょう。

そんな感じなので、お休みの日も出かけずに家で寝ていたり引きこもっているアイドルも多いです。

当然友だちや家族と自由に出かけることもできず、プライベートな時間なんてないと思っていた方がよいでしょう。

恋愛はご法度

「恋愛禁止」というルールがあると言われる「AKB48」のように、ファンに夢を与えるアイドルにとって熱愛報道はご法度です。

10代から20代の一番まぶしい青春時代に恋愛ができないのはやはりつらい人もいるでしょう。

しかし、実際のところ忙しすぎて恋愛をする暇もないということもあります。