声優専門学校とは(読了時間:4分35秒)

声優になるための学校は全国にいくつもあり、声優専門学校では声優志望者がデビューに近づくために、効率的に学べるカリキュラムやサポート体制が用意されています。

このページでは、声優専門学校とはどのようなものかや、卒業後の進路、学費などまで紹介していきます。

声優専門学校とは

声優専門学校では、声優をはじめとする「声」を使う仕事に就くために必要なさまざまなスキルを身につけることができます。

声優に必要なスキルを具体的に挙げると、下記のようなものがあります。

・正しい発声や発音方法
・演技力
・表現力
・アフレコ、ナレーションの技術
・声優としてのあり方(礼儀作法など)

声優は、自分の「声」を使って演じることで、キャラクターを魅力的に表現したり、人々に喜びや感動を与えていきます。

声優専門学校では、声優としてのスキルを高めるための発声や表現などのさまざまなレッスンが行われており、さらに声優志望者がデビューに近づくためのカリキュラムやサポート体制が用意されています。

声優専門学校で勉強すること、授業科目

声優専門学校では、発声の基礎にはじまり、表現や演技のレッスン、台本の読み方、アフレコ・ナレーション実習など、さまざまな実践的な授業が行われています。

机に向かって講義を受けることもありますが、どちらかというと実際に体を動かして声を出す実践的な授業が多く設けられているのが、声優専門学校で学ぶことの特徴です。

なお、最近の声優は、同時にアイドルや舞台俳優、ミュージシャン、ダンサーといった、タレントとしてのマルチな活動をするケースもよくあります。

声優プラスαの活躍ができるようになるために、ヴォーカルやダンス、演技などまで幅広く学べる声優専門学校もあります。

声優専門学校では、ダンスやヴォーカルなど深く学びたい分野に応じて、いくつかの専攻別に分かれていることが多いため、将来どういった活躍をしたいのかを決めておくとよいでしょう。

声優専門学校から目指せる職業・仕事

声優専門学校で学ぶ人たちの大半が「声優」としてデビューすることを目指していますが、簡単に声優といっても、アニメ、ゲーム、映画、あるいはアナウンスやテレビ・ラジオのナレーションなどまで、さまざまな活躍の領域があります。

声優専門学校で身につけたスキルは、こうした多様な領域で生かしていくことが可能です。

しかし、いずれの道を選んでも厳しい競争が待ち受けており、生き残るためには自分を磨き続ける努力と意欲が必要不可欠です。

なお、声優デビューへの道のりはいくつか考えられるものの、声優プロダクションに所属し、オーディションに合格してデビューするというのが一般的な流れです。

声優専門学校の学費、費用

声優専門学校の学費は、年間で100万円~150万円程度が相場となっているようです。

学費には入学金、授業料、施設維持費、実習費などが含まれていることが多く、1年次は入学金が10万円~20万円程度必要になるため、2年次以降よりも多くの支払いが必要になる傾向にあります。

声優専門学校の大半は昼間部・2年制となっているため、卒業までには200万円~300万円程度が必要となるでしょう。

なお、学費に含まれるものと含まれないものは学校によって異なり、上記で挙げた学費以外に、教材費・教科書代、研修費などが別途必要になることがあります。

まとまったお金が必要になりますが、学費の納入には、教育ローンや学費ローンが利用できる学校も多々あります。

また、特待生制度を設けており、とりわけ熱心で優秀な学生は、授業料が一部あるいは全額免除で学べるようなこともあるようです。

声優専門学校の就職先、就職率、卒業後

声優志望者が所属を目指す声優プロダクションは、声優専門学校の卒業生を中心に採用しているところが多くなっています。

実際、声優専門学校ではプロダクションに入るためのカリキュラムが用意されており、デビューに向けた多様なサポートを受けることが可能です。

たとえばプロダクションとの連携を生かして、在学中にアニメ、テレビ、ドラマ、ゲームなどの声優として出演するチャンスが得られる専門学校もあるようです。

ただし、声優に必要なスキルは一朝一夕で身につくものではないため、授業やレッスンを受けつつ、自分でも地道な努力を積み重ねていくことが重要になってきます。

声優専門学校の入試、志望動機、面接

声優専門学校の入学方法は、大きく分けると「一般入学」「推薦入学」「AO入学」の3種類があります。

どのような入試方法を選んだとしても、最も大事に考えたほうがいいのが志望動機です。

事前に提出するエントリーシートや面接でも志望動機は必ず聞かれるため、なぜ声優専門学校で学びたいのか、声優になりたいと思ったきっかけ、将来はどのように活躍していきたいのかといった内容を自分の言葉で伝えられるように考えておきましょう。

声優専門学校に入る時点で、声優としての専門的な知識や技術が問われることは基本的にないため、だからこそ「これからこうなっていきたい」という意欲や熱意はしっかりと示すことを心がけましょう。

声優専門学校のオープンキャンパス

声優専門学校のオープンキャンパスでは、体験授業やプロの講演、トークイベント、学校見学、学校説明会、入試に関する個別相談など、多様なプログラムが行われています。

声優業界の第一線で活躍するプロから仕事の話を聞けたり、体験授業を受けることができるのは、とても貴重な機会になるといえます。

オープンキャンパスへの参加は強制的なものではありませんが、入学後に自分がどのような学校で学びたいのかをより強くイメージするためにも、できるだけ参加してみるとよいでしょう。

夜間の声優専門学校

声優専門学校の多くは日中に授業が行われる「昼間部(昼間課程)」となっていますが、一部の学校では「夜間部(夜間課程)」が置かれています。

そこではおもに平日の夕方以降に授業が行われ、場合によっては土曜日や日曜日の週末にも授業があります。

夜間の声優専門学校に通う学生は、高校を卒業したばかりの人が大半を占める昼間の声優専門学校と比べると、学生の年代やバックグラウンドなども多様です。

また、昼間課程の学校よりも進学先の選択肢は少なくなるため、学校選びはより慎重に行う必要があるでしょう。

声優専門学校では、声優としての基礎的なこと学べるのはもちろん、幅広く表現力や演技力を高めるための多様な勉強をすることができます。

ただし、学校によってカリキュラムには違いがあり、学内イベントや連携しているプロダクション、デビューに向けたサポート体制なども異なるため、各学校の詳しい情報を調べながらいくつかの学校を比較してみるとよいでしょう。

職業カテゴリー