声優専門学校とは? 養成所・スクールと比較するために知っておくべき事まとめ

(読了時間:13分1秒)

声優になるための学校は全国にいくつもあり、声優専門学校では声優志望者がデビューに近づくために、効率的に学べるカリキュラムやサポート体制が用意されています。

このページでは、声優専門学校とはどのようなものかや、卒業後の進路、学費などまで紹介していきます。

声優専門学校とは

声優になるための学校は全国にいくつもあり、声優専門学校では声優志望者がデビューに近づくために、効率的に学べるカリキュラムやサポート体制が用意されています。
ここでは、声優専門学校とはどのようなものなのか、また卒業後の進路、学費などさまざまなことを紹介していきます。

声優は、「声」を使う仕事です。

声優専門学校では、声優になるために必要なさまざまなスキルを身につけることができます。

声優に必要なスキルを具体的に挙げると、下記のようなものがあります。
・正しい発声や発音方法
・演技力
・表現力
・アフレコ、ナレーションの技術
・声優としてのあり方(礼儀作法など)
声優は、自分の「声」を使って演じることで、キャラクターを魅力的に表現したり、人々に喜びや感動を与えます。

声優専門学校では、声優としてのスキルを高めるための発声や表現などのさまざまなレッスンが行われており、さらに声優志望者がデビューに近づくためのカリキュラムやサポート体制が用意されています。

なお、最近の声優は、同時にアイドルや舞台俳優ミュージシャンダンサーといった、タレントとしてのマルチな活動をするケースもよくあります。

声優プラスαの活躍ができるようになるために、ヴォーカルやダンス、演技などまで幅広く学べる声優専門学校もあります。

声優専門学校で勉強すること、授業科目

声優専門学校で勉強すること

声優専門学校で学ぶ人たちの大半が「声優」としてデビューすることを目指していますが、簡単に声優といっても、アニメ、ゲーム、映画、ミュージカルあるいはアナウンスやテレビ・ラジオのナレーションなどまで、さまざまな活躍の領域があります。

そのため、声優専門学校では、次のような学科を設けているところもあります。
・アニメ声優専攻
・声優アーティスト専攻
・アニメミュージカル専攻
・声優&ラジオパーソナリティー専攻

自分が活躍したい分野の内容を勉強できる学科を専攻するとよいでしょう。

なお、学科は、専門学校ごとにちがいますので、進学する際はいくつかの専門学校を比べて、自分がめざす声優像に近づけるカリキュラムを設けている声優専門学校を探してください。

声優専門学校の授業科目

声優として活躍していくためには、「声」で演じるためのさまざまなスキルを身につけなくてはなりません。

正しい発声や発音方法など声優としての基礎中の基礎から、演技力を高める表現のレッスン、台本の読み方、ナレーションやアフレコの技術など、声優ならではといえる勉強をたくさんしていくことになります。

机に向かって講義を受けることもありますが、どちらかというと実際に体を動かして声を出す実践的な授業が多く設けられているのが、声優専門学校で学ぶことの特徴です。

声優専門学校で身につけたスキルは、こうした多様な領域で生かしていくことが可能です。

しかし、いずれの道を選んでも厳しい競争が待ち受けており、生き残るためには自分を磨き続ける努力と意欲が必要不可欠です。

声優プラスαの勉強ができることも

声優としてデビューした人は、同時にアイドルや舞台俳優、ミュージシャン、ダンサーといった、タレントとしてのマルチな活動をするケースもよくあります。

自分の声や演技を通じて「人に夢や感動を与える」ことができる存在になるために、ただ声優としての技量を高めていくだけではなく、ヴォーカルやダンス、演技などまで幅広く学べる声優専門学校もあります。

声優専門学校では、いくつかの専攻別に分かれていることが多いため、将来どういった活躍をしたいのかを決めておくとよいでしょう。

デビューを目指したサポート

声優という職業の場合、学校を卒業したら一般企業に正社員として就職するという形とは少々異なり、「デビュー」を目指すことになります。

デビューへの道のりはいくつか考えられるものの、声優プロダクションに所属し、オーディションに合格してデビューするというのが一般的な流れです。

こうした声優プロダクションは、声優専門学校の卒業生を中心に採用しているところが多く、声優専門学校では、プロダクションに入るためのさまざまな授業やサポート体制が用意されています。

たとえば、パイプのある声優プロダクションとタイアップした独自オーディションが学内で開かれたり、オーディション対策講座を受講できたりといったことが挙げられます。

声優専門学校では、声優を目指す学生が少しでもデビューに近づけるよう、基礎から知識・技術を学んでいけることはもちろん、さまざまなサポートを行っています。

専門学校によっては学内にもアフレコスタジオを持っていたり、在学中から声優として活躍するチャンスが得られるところもあるようです。

声優専門学校への進学を検討している人は、各学校の情報をよく調べてみてください。

声優専門学校から目指せる職業・仕事

声優専門学校から目指せる職業

声優専門学校で学ぶ人は、「声」を武器とする声優・ナレーターとなることができます。

そして、最近では、声優専門学校で身につけたスキルを多様な領域で生かしていくことが可能です。

たとえば、表現力を生かして舞台やテレビ・映画に出演する俳優・女優となる人もいます。

また、声の良さを買われて歌手として活動する人もいます。

ただ、声優専門学校を卒業していきなり俳優・女優、歌手になる人は少ないでしょう。

声優専門学校で学ぶ人は、まず声優プロダクションに所属し、オーディションに合格してデビューするというのが一般的な流れです。

その後、活躍の場を広げていくことになります。

声優専門学校の多くは声優プロダクションと連携しており、各プロダクションに入るためのオーディション対策の講義が開かれたり、学内での独自オーディションが開かれたりしています。

声優専門学校に入らなくては絶対に声優になれないというわけではありませんが、一般にはなかなか公開されない業界の情報を入手しやすかったり、デビューに向けた多様なサポートを受けられるのは、声優専門学校で学ぶメリットとなるでしょう。

声優専門学校から目指せる仕事

ひと昔前の声優というと、アニメのキャラクターを演じるなどで声はよく知られていても、本人の顔はわからないということもよくありました。

しかし、最近では声優が舞台に立ち、イベントで歌ったり踊ったりなど、さまざまな活躍の仕方をするケースも増えています。

具体的にはミュージシャンとして歌を歌ってCDを出したり、ミュージカルなどの舞台俳優として演技をしたり、アニメ作品のイベントなどでダンスなどのパフォーマンスをしたりすることもあります。

最近では、女子高生のバンド活動をストーリーの軸としたアニメで、キャラクターを演じた声優が、実際にバンドを組み楽器を演奏するという企画もあります。

いわば「声優プラスα」としての活動がたいへん多くなっています。

そのため、声優専門学校では、非常に幅広く芸術性を身に付けるための授業がおこなわれます。

このように声優は、エンターテインメントの世界で人々を楽しませたり感動を与えたりすることができます。

もちろん日々の地道な練習や勉強が必要ですが、同じ夢に向かっていく仲間と励まし合いながら、デビューを目指せる絶好の環境があるといえるでしょう。

声優専門学校の学費、費用

声優専門学校の学費

声優専門学校の学費は、年間で100万円~150万円程度が相場となっているようです。

学費には入学金、授業料、施設維持費、実習費などが含まれていることが多く、1年次は入学金が10万円~20万円程度必要になるため、2年次以降よりも多くの支払いが必要になる傾向にあります。

声優専門学校の大半は昼間部・2年制となっているため、卒業までには200万円~300万円程度が必要となるでしょう。

声優専門学校の費用

学費に含まれるものと含まれないものは学校によって異なり、上記で挙げた学費以外に、教材費・教科書代、研修費などが別途必要になることがあります。

まとまったお金が必要になりますが、学費の納入には、教育ローンや学費ローンが利用できる学校も多々あります。

また、特待生制度を設けており、とりわけ熱心で優秀な学生は、授業料が一部あるいは全額免除されることもあるようです。

声優専門学校の就職先、就職率、卒業後

声優専門学校の就職先

声優という職業は、一般的な企業に就職する会社員とは少々異なり、声優プロダクションに所属してデビューすることで活躍の道が開けていきます。

そのため、声優専門学校では、まず卒業後に声優プロダクションへ所属することを目標とします。

声優志望者が所属を目指す声優プロダクションは、声優専門学校の卒業生を中心に採用しているところが多くなっています。

実際、声優専門学校ではプロダクションに入るためのカリキュラムが用意されており、デビューに向けた多様なサポートを受けることが可能です。

たとえばプロダクションとの連携を生かして、在学中にアニメ、テレビ、ドラマ、ゲームなどの声優として出演するチャンスが得られる専門学校もあるようです。

また、プロダクションに入るためのオーディション対策講座や個人面談など、さまざまなサポートを受けることができます。

ただし、声優に必要なスキルは一朝一夕で身につくものではないため、授業やレッスンを受けつつ、自分でも地道な努力を積み重ねていくことが重要になってきます。

声優専門学校の就職率

声優のなかにはフリーランスで活躍する人もいるものの、そのほとんどは、かつてはプロダクションなどに所属して、経験と実績を積み重ねてきた人です。

無名の新人声優がいきなり個人でバリバリと仕事をしていくのは、かなり難しい世界だと考えておく必要があります。

また人気商売であるだけに、声優として多少軌道にのってきたとしても、地道にスキルを磨き続けて活躍の場を広げていこうとしなくては、長くこの世界でやっていくのは難しいといえるでしょう。

そういった意味では、専門学校卒業後から、また修業の日々が待っているともいえます。

声優として第一線で活躍できるようになるには、声優専門学校で学んでいる時期にどれだけ基礎力を身につけられるかが重要な要素となります。

競争が厳しい世界ではありますが、声優専門学校で努力を続け、希望の声優プロダクションへの所属を決めている先輩たちは大勢います。

声優専門学校の卒業後

声優になるためには、「声」を使って演技をするための技術の習得が必要不可欠です。

発声の方法や台本の読み方などの勉強はもちろん、演技力や表現力などは一朝一夕で身につくものではないため、
在学中の時間を使ってどれだけ成長できるかが、将来デビューにつながるかどうかの分かれ道となるでしょう。

また、声優が活躍する業界は人と人との信頼関係や円滑なコミュニケーションが重要です。

いくら技術力のある声優であっても、時間を守れなかったり挨拶ができなかったりする人は、仕事を続けるのは難しいものです。

そのため、声優専門学校では在学中に人間性を磨き、一般常識を身につけていくことにも重きが置かれています。

声優専門学校の入試、志望動機、面接

声優専門学校の入試

声優専門学校の入学方法は、大きく分けると「一般入学」「推薦入学」「AO入学」の3種類があります。

どのような入試方法を選んだとしても、最も大事に考えたほうがいいのが志望動機です。

事前に提出するエントリーシートや面接でも志望動機は必ず聞かれるため、なぜ声優専門学校で学びたいのか、声優になりたいと思ったきっかけ、将来はどのように活躍していきたいのかといった内容を自分の言葉で伝えられるように考えておきましょう。

なお、各入学方法における応募資格などの詳細は専門学校によって異なるため、パンフレットやホームページなどを通じて確認してください。

声優専門学校の志望動機

志望動機は、声優専門学校に事前に提出するエントリーシートや面接などで問われます。

声優になりたい理由やきっかけだけではなく、いくつもの声優専門学校があるなかで、その学校で学びたい理由をはっきりさせておくことも重要です。

そのためには学校見学などを通じて学校の特徴を理解し、自分が魅力的に感じたポイントを明らかにしておきましょう。

声優専門学校の面接のポイント

声優専門学校の入試では面接や面談が実施されることが多いですが、問われる内容としては志望動機を中心に、長所・短所、高校の得意科目や部活動の内容など、そこまで特別なものではありません。

ちなみに、面接を受ける時点で、声優としての専門的な知識や技術が問われることは基本的にありません。

だからこそ、「これからこうなっていきたい」という意欲や熱意を示すことが重要になってきます。

そのほか、時間を守る、身なりをきちんとする、挨拶や言葉遣いは丁寧にするといった基本的なことを実践できるように心がけておきましょう。

声優専門学校のオープンキャンパス

声優専門学校のオープンキャンパスとは

オープンキャンパスへの参加は強制的なものではありませんが、入学後に自分がどのような学校で学びたいのかをより強くイメージするためにも、できるだけ参加してみるとよいでしょう。

オープンキャンパスとは、学校側が、その学校に進学を希望する学生やその家族などに対して学校を開放することをいいます。

オープンキャンパスで行われることは学校ごとに異なりますが、学生はパンフレットやホームページだけではわからない学校の生の雰囲気を目で見て確かめることができたり、講師や在校生とのコミュニケーションの機会があったり、さまざまなメリットがあります。

声優専門学校でも、多くの学校がオープンキャンパスを実施しており、積極的に高校生などを受け入れています。

オープンキャンパスはおもに夏休み期間に行われることが多いですが、学校ごとにスケジュールは異なるため、各学校のホームページなどで情報を確認してください。

声優専門学校のオープンキャンパスの内容

声優専門学校のオープンキャンパスでは、体験授業やプロの講演、トークイベント、学校見学、学校説明会、入試に関する個別相談など、多様なプログラムが行われています。

声優業界の第一線で活躍するプロから仕事の話を聞いたり、体験授業を受けることができるのは、とても貴重な機会になるといえます。

声優専門学校のオープンキャンパスの参加の注意点

声優専門学校のオープンキャンパスでは、参加者が楽しめるようなプログラムがたくさんあるため、ついはしゃいでしまうかもしれません。

しかし、あくまでも学校見学であることを念頭に置いて、あまり羽目を外し過ぎず、学校関係者への挨拶をきちんとし、勝手なふるまいをしないように心がけることが大事です。

服装は指定されないことがほとんどですが、高校生の場合、学校の制服や、それに準じるきちんとした格好で参加する人も多いようです。

また、せっかく参加するのであれば、わからないことや不安なことはその場で解消できるように、主体性を持って参加するほうが有意義な時間となるでしょう。

このように、声優専門学校のオープンキャンパスでは、ただ学校見学をするだけではなく、さまざまなイベントに参加でき、その場でしか聞けない話を聞くこともできます。

参加は基本的に必須ではありませんが、志望度の高い専門学校のオープンキャンパスには、ぜひ参加したいものです。

夜間の声優専門学校

夜間の声優専門学校とは

声優専門学校の多くは日中に授業が行われる「昼間部(昼間課程)」となっていますが、一部の学校では「夜間部(夜間課程)」が置かれています。

そこではおもに平日の夕方以降に授業が行われ、場合によっては土曜日や日曜日の週末にも授業があります。

また、昼間課程の学校よりも進学先の選択肢は少なくなるため、学校選びはより慎重に行う必要があるでしょう。

夜間の声優専門学校では、声優としての基礎的なことを学べるのはもちろん、幅広く表現力や演技力を高めるための多様な勉強をすることができます。

ただし、学校によってカリキュラムには違いがあり、学内イベントや連携しているプロダクション、デビューに向けたサポート体制なども異なるため、各学校の詳しい情報を調べながらいくつかの学校を比較してみるとよいでしょう。

夜間の声優専門学校にはどんな人が通っている?

夜間の声優専門学校では、昼間に仕事をしている社会人やフリーター、あるいは大学・短大など別の学校に在学中の学生なども学んでいます。

高校を卒業したばかりの人が大半を占める昼間の声優専門学校と比べると、学生の年代やバックグラウンドなども多様です。

こうした夜間の声優専門学校には、「現在は別の仕事をしているけれど、どうしても声優になりたい!」「まだ声優の道一本にしぼるのは不安だけれど声優になるための勉強がしてみたい!」など、さまざまな思いを抱えている人が通いやすい環境であるといえるでしょう。

夜間の声優専門学校選びのポイント

夜間の声優専門学校は昼間の学校と比べて数が少ないため、学校選びはより慎重に行う必要があるでしょう。

昼間課程と比べた場合、カリキュラムの充実度や校内イベントなどの点で異なることもあるため注意が必要です。

学校の立地や学費の面なども含め、卒業まで本当に通学できるのかどうか、よく考えて進学を決定することをおすすめします。

なお、学校によっては年齢制限があり、30歳くらいまででないと入学できないところもあるようです。

入試に関する情報や応募資格については事前に各学校のパンフレットを取りよせたり、ホームページをチェックするなどして確認してください。

夜間の声優専門学校では、昼間に学校へ通うことが難しい人でも、声優になるためのスキルをしっかりと磨いていけるカリキュラムやサポート体制が用意されています。

日中、別の仕事や勉強などをしながらでも声優になりたいと思っている人は、こうした学校を検討してみるのもよいのではないでしょうか。

声優専門学校では、声優としての基礎的なこと学べるのはもちろん、幅広く表現力や演技力を高めるための多様な勉強をすることができます。

ただし、学校によってカリキュラムには違いがあり、学内イベントや連携しているプロダクション、デビューに向けたサポート体制なども異なるため、各学校の詳しい情報を調べながらいくつかの学校を比較してみるとよいでしょう。