声優専門学校とは? 養成所・スクールと比較するために知っておくべき事まとめ

声優になるために必要とされる知識・技術を学べる場のひとつが「声優専門学校」です。

声優専門学校では、未経験からプロの声優になるための実践的な授業が行われており、「デビュー」の夢に近づくための各種サポートも充実しています。

このページでは、声優専門学校のカリキュラムや学費、卒業後の進路、目指す人の志望動機、オープンキャンパスの内容など、声優の養成所・スクールと比較するために知っておくと役立つ情報を紹介しています。





声優専門学校とは

声優専門学校は、声優になるために必要なさまざまなスキルを身につける教育機関です。

声優に必要なスキル
  • 正しい発声や発音方法
  • 演技力
  • 表現力
  • 台本を把握する読解力
  • アフレコ・ナレーションの技術
  • 声優としてのあり方(マナー・礼儀作法など)

声優は、自分の「声」を使って演じることでキャラクターを魅力的に表現し、人々に喜びや感動を与えます。

声優専門学校では、上記のような声優としてのスキルを高めるためのさまざまな授業が行われているとともに、デビューに近づくための進路相談やオーディションサポートなども手掛けています。

なお、最近の声優は「アイドル」や「舞台俳優」「ミュージシャン」「ダンサー」といった、タレントとしてのマルチな活動をするケースもよくあります。

声優プラスアルファの活躍ができるようになるために、ヴォーカルやダンス、演技などまで幅広く学べる声優専門学校も多いです。

声優専門学校で勉強すること、授業科目

声優専門学校で勉強すること

声優専門学校で学ぶ人たちの大半が「声優」としてデビューすることを目指しています。

ただ、ひとことで声優とはいっても、活躍できる領域はアニメ・ゲーム・映画・ミュージカルあるいはアナウンスやテレビ・ラジオのナレーションなど多様です。

そのため、声優専門学校では、次のように細かく学科・コースを設けているところもあります。

自分が活躍したい分野の内容を勉強できる学科を専攻するとよいでしょう。

なお、設置されている学科・コースは専門学校ごとに異なるため、進学する際はいくつかの専門学校を比べて、自分が目指す声優像に近づけるカリキュラムを設けている学校を探してください。

声優専門学校の授業科目

声優として活躍していくためには、「声」で演じるためのさまざまなスキルを身につけなくてはなりません。

正しい発声や発音方法など声優としての基礎中の基礎から、演技力を高める表現のレッスン、台本の読み方、ナレーションやアフレコの技術など、声優ならではの勉強をたくさんしていくことになります。

机に向かって講義を受けることもありますが、どちらかというと実際に体を動かして声を出す実践的な授業が多く設けられているのが、声優専門学校の特徴です。

また、声優が活躍していくためには、業界関係者などとの信頼関係や円滑なコミュニケーションが重要です。

いくら技術力のある声優であっても、時間を守れなかったり挨拶ができなかったりする人は、仕事を続けるのは難しいものです。

そのため、声優専門学校では在学中にマナー・挨拶・一般常識などをしっかりと学び、人間性を磨くことも重視されています。

声優プラスαの勉強ができることも

声優としてデビューした人は、同時に「アイドル」や「舞台俳優」「ミュージシャン」「ダンサー」といったマルチな活動をするケースもよくあります。

自分の声や演技を通じて人に夢や感動を与えることができる存在になるために、ただ声優としての技量を高めていくだけではなく、ヴォーカルやダンス、演技などまで幅広く学べる声優専門学校が多いです。

将来どういった活躍をしたいのかをイメージしておくと、自分が学びたい内容をより深く学んでいくことができるでしょう。

デビューに向けたサポート

声優専門学校の学生は、卒業後、一般企業に就職する例があまり多くなく、多くの人が「デビュー」を目指します。

デビューへの道のりはいくつか考えられるものの、声優プロダクションに所属し、オーディションへの合格を目指すのが一般的な流れです。

こうしたことから、声優専門学校の多くがプロダクションと連携し、現場で求められるスキルを身につけるための実践的な授業やサポートを行っています。

たとえば、パイプのある声優プロダクションとタイアップした独自オーディションを学内で開いたり、オーディション対策講座を開催していたりします。

専門学校によっては在学中から声優として活躍するチャンスが得られるところもあるので、声優専門学校への進学を検討している人は各学校の特徴を調べてみてください。

声優専門学校から目指せる職業・仕事

声優専門学校で学ぶ人は、声によって表現する「声優」や「ナレーター」になることができます。

ひと昔前の声優というと、アニメのキャラクターを演じるなどで声はよく知られていても、本人の顔はわからないということもよくありました。

しかし、最近では声優が舞台に立ってイベントで歌ったり踊ったりなど、さまざまな活躍の仕方をするケースも増えましたし、演技力・表現力を生かして舞台やテレビ・映画に出演する「俳優・女優」となる人もいます。

そのほか、声のよさを生かせる「歌手」として活動する人もいます。

最近では、女子高生のバンド活動をストーリーの軸としたアニメでキャラクターを演じた声優が、実際にバンドを組み楽器を演奏するという企画もありました。

いわば「声優プラスアルファ」の活動がたいへん多くなっていますが、まずは声優プロダクションへの所属を目指し、その後おのおのの個性を生かして少しずつ活躍の場を広げていくことが多いです。

声優は、エンターテインメントの世界に身を置き、多方面から人々を楽しませたり感動を与えたりすることができます。

声優専門学校の学費・費用

声優専門学校の学費

声優専門学校の学費は、学校によって差はあるものの年間で100万円~150万円程度が相場となっています。

学費には入学金、授業料、施設維持費、実習費などが含まれていることが多く、1年次は通常、加えて入学金が10万円~20万円程度必要になるため、2年次以降よりも多くの支払いが必要です。

声優専門学校の大半は「全日制・2年制」となっているため、卒業までには200万円~300万円程度が必要と考えておきましょう。

声優専門学校の費用

声優専門学校の学費に含まれるものと含まれないものは学校によって異なりますが、上記で挙げた学費以外には、教材費・教科書代、研修費などが別途必要になることがあります。

まとまったお金が必要になりますが、学費の納入には「教育ローン」や「学費ローン」が利用できる学校も多々あります。

また、学校独自の「特待生制度」を設けており、とりわけ熱心で見込みのある学生は、授業料が一部あるいは全額免除されることもあります。

学費サポート制度については、各学校の資料・募集要項などで詳しくチェックしてください。

声優専門学校の就職先、就職率、卒業後

声優専門学校の就職先

声優という職業は、一般的な企業に就職する会社員とは異なり、声優プロダクションに所属してデビューすることで活躍の道が開けていきます。

そのため、声優専門学校の学生の多くが、まず卒業後に声優プロダクションへ所属することを目標とします。

声優志望者が所属を目指す声優プロダクションは、声優専門学校の卒業生を中心に採用しているところが多いです。

声優専門学校もプロダクションと連携し、在学中にアニメ・テレビ・ドラマ・ゲームなどの声優として出演するチャンスを積極的に設けているところがありますし、プロダクションに入るためのオーディション対策講座や個人面談など、さまざまなサポートを行っています。

ただし、声優に必要なスキルは一朝一夕で身につくものではないため、授業やレッスンを受けつつ自分でも地道な努力を積み重ねていくことが重要です。

声優専門学校の就職率

先にも挙げた通り、声優専門学校の卒業生は一般的な「就職」ではなく、プロダクションへの所属を目指します。

どれくらいの学生がプロダクションに所属できているかは、各学校のホームページやパンフレットなどで公開されていることが多いので、チェックしてみてください。

とある専門学校では「プロダクションへの直接所属率が70%以上」など、この業界で高い数字を誇っていることをアピールしています。

なお、声優のなかにはフリーランスで活躍する人もいるものの、そのほとんどはかつてプロダクションなどに所属し、経験・実績を積み重ねてきた人たちです。

無名の新人声優がいきなり個人でバリバリと仕事をしていくのは難しい世界だと考えておく必要があります。

そういった意味では、専門学校卒業後から、また修業の日々が待っているともいえます。

声優として第一線で活躍できるようになるには、声優専門学校で学んでいる時期にどれだけ基礎力を身につけられるかが重要です。

競争が厳しい世界ではありますが、声優専門学校で努力を続け、希望の声優プロダクションへの所属を決めている先輩たちは大勢います。

声優専門学校の入試、志望動機、面接

声優専門学校の入試

声優専門学校の入学方法は、大きく分けると「一般入学」「推薦入学」「AO入学」の3種類があります。

どのような入試方法を選んだとしても、最も大事に考えたほうがいいのが志望動機です。

事前に提出するエントリーシートや面接でも志望動機は必ず聞かれます。

なぜ声優専門学校で学びたいのか、声優になりたいと思ったきっかけ、将来はどのように活躍していきたいのかといった内容を自分の言葉で伝えられるように考えておきましょう。

なお、応募資格などの詳細は専門学校によって異なるため、学校のパンフレットやホームページなどを通じてよく確認してください。

声優専門学校の志望動機

声優専門学校に入るための志望動機は、入試の際に事前に提出するエントリーシートや面接などで問われます。

声優になりたい理由やきっかけだけはもちろん、いくつもの声優専門学校があるなかで、その学校で学びたい理由をはっきりさせておくことも重要です。

そのためにもパンフレットをよく読み込んでおくこと、そして学校見学などを通じて学校の特徴を理解し、自分が魅力的に感じたポイントを明らかにしておきましょう。

声優専門学校の面接のポイント

声優専門学校の入試では面接・面談が実施されることが多いですが、そこで問われる内容としては志望動機を中心に、長所・短所、高校の得意科目や部活動の内容など、そこまで特別なものではありません。

なお、声優専門学校の面接では、入学前に声優としての専門的な知識・技術が問われることは基本的にありません。

だからこそ「専門学校に入学したらこうなっていきたい」という意欲や熱意を示すことが重要になってきます。

そのほか、時間を守る、身なりをきちんとする、挨拶や言葉遣いは丁寧にするといった基本的なことを実践するように心がけておきましょう。

声優専門学校のオープンキャンパス

声優専門学校のオープンキャンパスの内容

声優専門学校では、進学を検討している高校生や保護者に学校の雰囲気をよく知ってもらうための「オープンキャンパス」を開催しています。

オープンキャンパスでは体験授業・プロの講演・トークイベント・学校見学・学校説明会・入試に関する個別相談など、多様なプログラムが用意されています。

参加者にとっては、パンフレットやホームページだけではわからない校風を肌で感じたり、学校の設備や設備をチェックしたり、講師や在校生とのコミュニケーションをとったりするチャンスです。

業界の第一線で活躍中のプロ声優の話を聞けることもあります。

オープンキャンパスへの参加は強制ではありませんが、学校への理解を深め、入学後に自分がどのような学校で学びたいのかをイメージするためにも、できるだけ参加してみるとよいでしょう。

声優専門学校のオープンキャンパスの参加の注意点

声優専門学校のオープンキャンパスでは、参加者が楽しめるようなプログラムがたくさんあるため、ついはしゃいでしまうかもしれません。

しかし、あくまでも基本は「学校見学」であることを念頭に置いて、あまり羽目を外し過ぎず、学校関係者への挨拶をきちんとし、勝手なふるまいをしないように心がけることが大事です。

服装は指定されないことがほとんどですが、高校生の場合、学校の制服や、それに準じるきちんとした格好で参加する人が多いです。

また、せっかく参加するのであれば、わからないことや不安なことはその場で解消できるように、主体性を持って参加するほうが有意義な時間となるでしょう。

夜間の声優専門学校

夜間の声優専門学校とは

声優専門学校の多くは平日の日中に授業を行う「昼間部(昼間課程)」となっていますが、一部の学校には「夜間部(夜間課程)」が置かれています。

夜間部では主に平日の夕方以降に授業が行われ、場合によっては土曜日・日曜日にも授業があります。

夜間部であっても昼間部と同じように声優になるための基礎的な知識・技術を学べるのはもちろん、幅広く表現力・演技力を高めるための勉強をすることができます。

ただ、学校によってカリキュラムや学内イベント、連携しているプロダクション、デビューに向けたサポート体制などが異なるので、各学校の特徴をよく比較してください。

夜間の声優専門学校にはどんな人が通っている?

夜間の声優専門学校では、昼間に仕事をしている社会人やフリーター、あるいは大学・短大など別の学校に在学中の学生なども学んでいます。

高校を卒業したばかりの人が大半を占める全日制(昼間)の声優専門学校と比べると、学生の年代やバックグラウンドなども多様です。

「現在は別の仕事をしているけれど、どうしても声優になりたい!」「まだ声優の道一本にしぼるのは不安だけれど、大学と並行して声優になるための勉強もしてみたい」など、さまざまな思いを抱えている人が通いやすい環境となっています。

夜間の声優専門学校選びのポイント

夜間の声優専門学校は昼間の学校と比べて数が少ないため、学校選びはより慎重に行う必要があるでしょう。

同じ学校の昼間課程と比べた場合、カリキュラムの充実度や校内イベントなどの点ではだいぶ異なることもあるため、注意が必要です。

学校の立地や学費の面なども含め、卒業まで本当に通学できるのかどうか、よく考えて進学を決定することをおすすめします。

なお、声優専門学校によっては年齢制限が設けられており、夜間部であっても30歳くらいまでしか入学できない場合があります。

入試に関する情報や応募資格については事前に各学校のパンフレットを取りよせたり、ホームページをチェックするなどして確認してください。

声優専門学校の口コミ・体験談

声優専門学校 声優タレント科卒業生の体験談・口コミ

声優専門学校を目指した理由

高校を経て、就職する気にもならず、夢に向かって東京に向かうことしか考えてなかったので、そんなにお金をかけないで行けるところを必死で探しました。

結果見つけたのが声優タレント科土曜コースです。

実家から通うことができ、土曜だけの授業で安価だったので、実家のほうで仕事をしながら週1で通っていました。

声優専門学校で学んだこと・役に立っていること

人見知りをしなくなったのが大きいと思います。

それと、ある程度の礼儀が身に着きました。

声優業界は協調性の世界だったので、コミュニケーション能力がないと務まらないので、声優の勉強をしているだけで社会勉強になります。

声優専門学校の雰囲気

雰囲気がよくまとまったクラスで講師の方々からの評価も上々でした。

最初は中途半端に声優を目指してる人もいましたが、中途半端な意識の人は途中で去り、最終的に本気で声優を目指す人だけが残ったような気がします。

男女の割合は半々でしたが、ケンカもなくまとまったクラスでした。

声優専門学校で楽しかったところ

たまにあるアフレコの授業は燃えました。

声優と言えばマイク前の演技だと思っているので、マイク前に立つとワクワクしましたね。

アニメのキャラクターに息を吹き込む瞬間が楽しくてたまりませんでした。

クラスの仲間との復習の時間も充実してました。

声優専門学校でつらかったところ・大変だったところ

苦手なダンスやラップを歌うなどの授業が一番つらかったです。

みんなができてて自分ができないとか劣等感しか感じなかったです。

でも、それはそれでみんなに追いつきたくて必死になれる瞬間でもありました。

大変なことでも切磋琢磨していける仲間がいるのはステキなことです。

声優専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後はプロダクションが運営している養成所に行く人がほとんどです。

一部飛びぬけた実力を持った人は、プロダクション所属を薦められた方もいました。

自分はプロダクション所属を狙っていましたが、落ちたのでプロダクション所属の養成所に行きました。

声優専門学校卒業後の所感・メッセージ

専門学校に行っても必ずしも声優になれるわけではありません。

専門学校と仕事の両立に疲れ果て、地元に帰った人を何人も知ってます。

自分のようにまったく違う仕事をしながら、声優になれる機会を虎視眈々と狙う者もいます。

声優に必要なことは努力と諦めない心です。

専門学校や養成所はあくまでも基礎を教えてくれる場所です。

家に帰っても常に基礎を意識して過ごすなどの努力を怠らないでください。

誰よりも努力をして、声優として輝けるように、日々鍛錬していってください。

声優専門学校 声優科卒業生の体験談・口コミ

声優専門学校を目指した理由

小さい頃からとても漫画が好きで幼少期はずっと漫画家になりたいと思っていました。

しかし、物事つくころからアニメの素晴らしさを感じて、元々あるストーリーを表現することに魅力を感じるようになり、声優の道を目指しました。

声優専門学校で学んだこと・役に立っていること

声優科の主となる内容は2つあって、1つは発声、もう1つは表現力です。

それらどちらも声優として仕事をするうえでとても大切で役に立っています。

その他にも忍耐強さもとても学びました。

演劇の指導の時の講師がとても厳しかったのですが、そのおかげで仕事で助言をもらった時も素直に吸収できるようになったと思います。

声優専門学校の雰囲気

学生の性格としては非常にいろいろなタイプの人がいました。

特に1年時は(学校によっても異なると思いますが)俳優を目指す人やナレーター志望、歌手志望などいろいろな人が一緒になって学んでいたこともあって、明るい人から職人気質のような人までさまざまでした。

しかし、学校に来るだけあってみんなしっかり目標に向かって努力していました。

男女比は半々くらいだったと思います。

声優専門学校で楽しかったところ

共通の目標に向かって仲間と努力したということが今思うと楽しかったなと思います。

特に、劇では同じものをたくさんの人が一緒になって作り上げている感じが未だに印象に残っています。

また、それまでは漠然とした夢だったものに対して、プロの方から専門的な技術から考え方までいろいろなことを教われたのが楽しかったです。

声優専門学校でつらかったところ・大変だったところ

授業の中には厳しいものも多くて、特に私は最初演劇が苦手だったこともありつらかったです。

体で表現することがとても恥ずかしかったです。

ただ一番つらいと思ったのは、自分のアフレコしたものを自分で見返した時でした。

想像していたものと全く違って、上手い人やプロの方との目に見えない差をとても感じてつらかったです。

声優専門学校の卒業後の就職先・進路

現在私はアニメ制作の下請け会社に勤めていて、声優の仕事はしていません。

当時の仲間も声優だけで生活している人はほとんどいないと思います。

それだけ声優になることは難しいと考えて良いと思います。

ただ、声優だけでとなると大変ですが、時々声優もしながら他の仕事もしているという仲間は意外と多いです。

声優専門学校卒業後の所感・メッセージ

正直なところ学校に入るまでは、声優は俳優などとは違い声だけだから声さえしっかり出せれば良いと思っていました。

しかし、それは全く違って、声だけだからこそ伸ばすことが難しいということを知りました。

そんな中で仲間と一緒になってアフレコをしたり劇を演じたりするのは、たとえ卒業後に声優の仕事に就けなくても良い思い出になっています。

デメリットではないですが、声優について学ぶことで純粋にアニメを見れなくなるとは思います。

アニメを見ながらでも「この方はどうやって声を出しているんだろう」「どういうテーマで声を当てているんだろう」など考えるようになります。

難しい仕事ではありますが、やりがいもありますし学びがいもあります。

声以外でも学校ではたくさんの事を教わるので気合いを入れて何でもやる姿勢がとても大切です。

この記事のまとめ

声優専門学校では、声優としての基礎的な技術を学べるのはもちろん、ダンスや歌など表現力・演技力を高めるための多様な勉強をすることができます。

ただし、学校によってカリキュラムや授業内容、学内イベントや連携しているプロダクション、デビューに向けたサポート体制などは異なります。

いろいろな専門学校の情報を集めて比較し、自分に合う学校選びをしてください。

30秒でわかる!転職サービス診断

当サイト人気の転職エージェント