アイドルの仕事内容

アイドルの仕事とは

 

歌って踊って、トークで場を盛り上げて、演技もできる。

なんでもこなし、ファンからの人気も高いアイドルは、いつの時代も芸能界では欠かせない存在です。

仕事の幅も広く将来の可能性も無限に広い分、人気も高く、オーディションやコンテストの競争率は数千倍にもなります。

スカウトされるためには、たぐいまれなる美貌や愛らしさが必要です。

多くのライバルの中を勝ち抜け、トップアイドルとなった日には数千万の給料を手にすることも夢ではありません。

しかし、そこまで成功するにはかなりの運や努力が必要となります。

また、年齢を重ねてからも活躍するためには、何かしらの光る個性が必要とされるでしょう。

俳優の道を進むのか、タレントの道を行くのか、それ以外の道を歩むのか。

若いうちから考えて上手にシフトチェンジをしていけば、いくつになっても、結婚して子どもを産んでも、活躍の場が広がっている職業です。

アイドルの業務の内容

グラビアや雑誌の撮影

 

女性アイドルはもちろん、男性アイドルも欠かせない仕事のひとつが雑誌への出演。

アイドル誌などの専門誌では、知名度の高くない研究生レベルのアイドルが出演することも多く、早い段階から入るメジャーな仕事のひとつでもあります。

女性アイドルの場合は水着になることも多く、そのために日々プロポーションを整えておくことも必要。

写真撮影はもちろん、取材を受けることなどもあり、話の受け答えや話題の作り方など勉強にもなります。

テレビや映画の出演

 

テレビに出演するようになったら、アイドルとしても一人前になってきたといえるでしょう。

歌番組はもちろん、バラエティや、クイズ番組など出演する番組のジャンルはさまざまです。

さらに人気が出て売れっ子になってくると、ドラマ出演や、映画出演の仕事も舞い込んでくるようになります。

所属タレントの多い大手芸能プロダクションになると、先輩俳優が出演するドラマや映画などにバーター枠で出演することも多々あります。

プロダクションが所属タレントに歌、ダンスのみならず、演技のレッスンまで受けさせるのはこのためなのです。

ライブやコンサートの開催

 

こちらもアイドルという仕事の醍醐味のひとつ。

小さな劇場での公演から、ドームクラスの大きな会場まで。

ステージに立ってファンの前で歌やダンスなどのパフォーマンスを披露します。

公演が決まると、遅くても数か月前からレッスンやリハーサルを何度も行います。

人気アイドルともなれば、ツアーで全国をまわることも多く、各地でのファンの熱気や自分の実力を肌で感じることができる貴重な機会でもあります。

イベントや握手会に参加

 

新人は地方の百貨店やショッピングモールなどのイベントに営業活動で出張することも多く、その際に握手会やサイン会でファンとの交流を深めることがあります。

人数が多くなると、握手をする手も痛くなり厳しくなることもありますが、これはファンが一番喜ぶイベントのひとつ。

最後まで手を抜かずに笑顔でやりとおすことがプロとしての第一歩ともいえます。

また、自分自身もファンを間近に確認することで、「本当にアイドルになったんだ」と実感できる瞬間でもあるでしょう。

アイドルの役割

本屋に並ぶ雑誌の表紙。

街中に貼られた新商品のポスター。

テレビの歌番組やバラエティ番組やドラマ。

今や私たちの生活の中でアイドルを見かけない一日はないといっても過言ではないでしょう。

最近ではニュース番組のキャスターやリポーターをこなす人もいます。

アイドルが社会に与える影響は非常に大きいものとなっているのです。

また、それまで何をしても売れなかった商品なのに、人気アイドルが宣伝しただけであっという間に完売、なんていう話もよく聞きます。

正式な依頼を受けてテレビCMに出演する商品はもちろん、アイドル自身のオフィシャルブログやSNSで紹介することもあり、その手法はさまざまです。

広告宣伝」という業界においてもアイドルは欠かせない存在であり、経済効果を担う「宣伝」の仕事はアイドルにとっても重要な役割のひとつです。

芸能界でのアイドルの役割は多種多様で、今や日本の経済においても必要不可欠な存在といっていいでしょう。

アイドルの勤務先の種類・有名な企業

アイドルは基本的に「芸能事務所」や「芸能プロダクション」に所属しながら活動しています。

個人事務所もありますが、大手の事務所ともなれば、研究生も含めると数百人規模のスタッフやアイドルが所属しています。

たとえば、男性のアイドルが所属する大手事務所といえば、日本では知らない人がいないほどの知名度を誇る「ジャニーズ事務所」が有名でしょう。

ジャニーズ事務所は、国民的アイドルとなった「SMAP」や「嵐」を輩出してきました。

また、お笑い芸人から俳優、アイドルまで幅広いタレントが所属する老舗芸能事務所の渡辺プロダクション、通称「ナベプロ」も有名です。

「ワタナベエンターテイメントカレッジ」というタレント養成スクールも運営しているので、ここで学んだ卒業生が事務所のアイドルとなることもあります。

アイドルの仕事の流れ

アイドルの仕事の流れは、事務所の主導で決まります。

基本的には、マネージャーや事務所の幹部が話し合って、それぞれのアイドルの売り出しの方針を決めているのです。

「テレビに積極的に出演させて知名度をあげよう」「ライブをたくさん開いて歌唱力を磨こう」「握手会でファンを増やそう」。

このような方針に沿って仕事のスケジュールを組んでいき、最終的には本人に確認しながら決定します。

ときには広告代理店からCMの話があったり、出版社から雑誌の取材を依頼されたりすることもあります。

人気アイドルになればなるほど、ひっきりなしに仕事のオファーがあるので、全部を引き受けることはできません。

優先順位を決めておき、断るものは断る、と割り切ることが大切です。

アイドルと関連した職業

アイドルというと、ライブやコンサートの出演はもちろんのこと、テレビや雑誌などのメディアで華々しく活躍するイメージがあるのではないでしょうか。

これに対して、テレビなどの電波メディアにあまり出演せず、ライブ活動やファンとの交流に力を入れる人たちのことを「地下アイドル」や「ライブアイドル」と呼んでいます。

一般的なアイドルと比べるとファンとの距離が近いぶん、握手会や撮影会で気さくに話をしたり、ファンの顔や名前を覚えたりする努力が必要です。

歌やダンスのスキルがあるのはもちろんのこと、コミュニケーション能力が求められるでしょう。

また、ライブやイベントに観客が集まらなければ収入も入ってこないので、生活が不安定になることもあります。

地下アイドルやライブアイドルを続けていくには根性や地道な努力が欠かせません。