芸能人・タレントになるには

女優や俳優、アイドルの場合

女優・俳優・アイドルになるには、2つの方法があります。

1つ目はスカウトを受けるという方法です。

「よく原宿の竹下通りを歩いていたら芸能関係者に声をかけられた」「渋谷センター街には芸能事務所の人がウロウロしている」という話を聞いたことがあるでしょう。

スカウトの場合は芸能事務所のスカウト担当者が、街でパッと目を惹く若者や地域で噂になっている可愛い子などに目をつけます。

そして「この子にはキラリと光るものがある!可能性を秘めている」と思う人に声をかけるのです。

実際に多くの芸能人が、スカウトによって発掘されています。

2つ目はオーディションの場合です。

これは、芸能事務所が主催する「新人タレント発掘オーデョン」に応募したり、ドラマや舞台、映画の公募オーディションに応募する形式が多く見られます。

いずれにせよ、大多数の応募の中からごくわずかな人のみが合格する狭き門となっています。

また、他にも女優や俳優、アイドルになるチャンスは至るところに転がっています。

たとえば、エキストラ事務所に所属して、エキストラの仕事をこなしている最中に監督や芸能関係者に気に入られてデビューしたり、劇団や養成所に所属して地道に活動していく中で声をかけられてデビューに至るケースも珍しいことではありません。

俳優・女優の仕事

お笑い芸人の場合

最近、急激に増加しているお笑い芸人。

お笑い芸人として芸能界デビューするためには、笑いのセンスを磨いてファンを獲得するだけでなく、オールマイティーに番組を盛り上げる実力がなければいけません。

お笑い芸人の道は、もしかしたら女優や俳優、アイドル以上に厳しい実力勝負の世界です。

ほとんどのお笑い芸人は、各プロダクションの芸人養成所に入って基本的なスキルや芸を磨くか、第一線で活躍している芸人や漫談家に付き人として弟子入りして、コツコツと実力を磨いていくのです。

なかなか芽が出ずに、志し半ばで芸人になるという夢を諦める人もたくさんいます。

その中でも、ごく一部の人のみが賞を取る、師匠のツテでデビューを飾るなどといった形で芸能界への階段を上がるのです。

今テレビで皆さんが良く見るお笑い芸人は、間違いなく数少ない成功者といえます。実力が認められずに、アルバイトをしながらコツコツと芸を磨いているお笑い芸人がいることを忘れてはいけません。

芸人の仕事

タレントの場合

厳密に言うと、女優・俳優・アイドル・お笑い芸人もタレントの中に含まれますが、こちらの項目では上記でご紹介したジャンル以外のタレントの場合でお話しを進めていきます。

そもそもタレントの定義とは…「本業を芸能界以外に持つにも関わらず、テレビ出演が多い人」のことをいいます。

最近は弁護士や医師などの資格を持ちながらも、コメンテーターとして様々な情報番組に出演している方が増えていますが、そのような方もタレントといえるでしょう。

タレントの場合は、知り合いのツテで業界関係者から声がかかる、プロデューサーが番組で活躍しそうだと判断する・身内に業界関係者がいる・世の中に注目されている・有名な賞を取るなどという方法でテレビ出演のきっかけを持っています。

タレント1本で芸能界で生きていくのは、とても大変なことです。

一芸を持っていることが、タレントとしての大きな強みとなるでしょう。