芸能人・タレントの給料・年収

芸能人タレントの平均年収・給料

華やかに見えて非常に厳しい業界

俳優ミュージシャンなどの芸能人・タレントの収入のスタイルはさまざまです。

芸能事務所やプロダクションに所属してそこから給料をもらっている人もいれば、個人事業主として収入を得ている人もいます。

前者の給与制の場合は仕事の有無に関わらず毎月決まった額を給与としてもらうことができますが、後者の場合は仕事がなければ収入はゼロになってしまいます。

こうした理由から、芸能人やタレントの年収は、人によって大きく異なるというのが実情です。

仕事がない芸能人やタレントは一年間の売り上げがゼロということもありえますし、デビューしたばかりの駆け出しの頃は年収が数十万円ということも珍しくありません。

その一方で、売れっ子になって年収1000万円以上稼いでいる人もたくさんいます。

華やかに見えて非常に厳しい業界なので、安定した収入を得るためには運と実力が欠かせません。

芸能人・タレントの平均年収・月収・ボーナス

芸能人・タレントの収入に関する統計データはありません。

芸能人やタレントは仕事がなくても名乗りさえすれば誰でもなることができますし、タレントの場合は医師やアスリート、作家などの本業の仕事を持っていることが多いので、収入に関する正確な統計を取ることは難しいでしょう。

また、芸能人やタレントとして活動している人のなかには事務所から給料をもらっている人もいれば個人事業主として収入を得ている人もいます。

月収や年収に関しては、本当に人それぞれと考えておいたほうがよいでしょう。

芸能人・タレントの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

芸能人やタレントの手取りの月収に関しては、デビューからの年数や仕事内容、地方在住か都内在住かによっても異なります。

東京の大手の芸能プロダクションに所属し、キャリア5年ほどで年収500万円ほど稼いでいるタレントの場合、手取りの月収は30万円前後になります。

事務所やプロダクションに所属している場合はボーナスも出ますし、寮や社宅に住まわせてもらえることもあるので、実際に稼いでいる金額がそれほど多くなくても生活は安定するでしょう。

芸能人・タレントの初任給はどれくらい?

芸能人・タレントは、デビューしたばかりの頃は収入がゼロに近いことがあります。

というのも、芸能事務所で固定給をもらっている人の場合は仕事の有無に関係なく給料をもらうことができますが、個人事業主として活動している人の場合は仕事のオファーがなければギャランティももらえないからです。

無名の芸能人にイベントへの出演やテレビ番組の取材をお願いする企業はありません。

最初は自分から営業活動をして、必死に業界内の人脈づくりをしながらチャンスを待つことになりますが、この期間は収入がゼロということも珍しくないのです。

人によっては、他のアルバイトをしながらなんとか食いつなぐこともあります。

厳しい状況ではありますが、今活躍している多くの芸能人やタレントのなかにも、鳴かず飛ばずの苦しい時期を乗り越えて花開いた人はたくさんいるのです。

この業界をめざすのであれば、ある程度の人気が出るまでは厳しい生活になることも覚悟したほうがよいでしょう。

芸能人・タレントの福利厚生の特徴は?

芸能人やタレントの福利厚生はどのようになっているのでしょうか。

これに関しては、大手の芸能事務所やプロダクションほど充実していることが多いようです。

たとえば、新人タレントの場合は給与が安くても事務所が住居面の面倒を見るなどサポート体制が整っていることが多くあります。

また、マネージャーがついて自宅から仕事場まで車で送迎をしてもらえるので、身の安全やプライバシーを確保しやすくなります。

給与制の芸能人は会社の社員として扱われるため社会保険に加入できる場合があるということも大きなメリットでしょう。

芸能人・タレントの給料・年収の特徴

給与制のポイント

芸能事務所やプロダクションで給与制で働いている人の場合、いくらもらえるかは契約によって決められていることが多いようです。

活動実績や所属年数に応じて増額分を褒賞として給与やボーナスに反映させるところもありますが、契約更新時までは一定額のままというところも珍しくはありません。

よくも悪くも、安定しているぶん、大幅な収入アップを狙いにくいのです。

ただし、このように事務所やプロダクションに所属している人に対しては、会社としても優先的に売り込みをかけますので、仕事が途切れずに生活できるという安定感があります。

高収入よりも安定を取れるのが、事務所やプロダクションで働くことのメリットです。

副収入があることも

事務所やプロダクションに所属するということは、当然マージンを取られるということになるので、一つ一つの仕事に対する自分の取り分は少なくなります。

ただし、出演した番組でもらった賞金や賞品、印税収入は個人収入としてそのまま渡される場合がほとんどです。

ブログのアクセス数によって収入を得たり、PRのために企業から商品をもらえたりすることもあるので、さまざまな形で副収入を得ることは可能です。

独立の注意点

芸能人やタレントは、ある程度売れてくると個人事務所を開いて独立することもあります。

しかし、独立を決めることで元々所属していた事務所とトラブルになることが多いので、タイミングを見極めることが非常に大切です。

「新人の頃から面倒を見てきた事務所に恩をあだで返した」「スタッフや事務所の仲間を裏切った」という悪印象を与えてしまえば、業界内でも仕事がしにくくなりますし、世間からのイメージも悪くなります。

こうした事情から、収入のためには独立したほうがよいものの、あえて事務所に所属し続けることを選ぶ人も少なくありません。

芸能人・タレントの勤務先別の給料・年収

大手事務所に雇用される芸能人・タレント

人気のある芸能人やタレントが数多く所属する大手芸能事務所では、支払われる給料の金額はどのように決められるのでしょうか。

2019年に吉本興業の社長が会見で語った言葉としては「取り分は芸人5:会社5、多くて芸人4:会社6」の割合だとされています。

ただし、このような配分に関しては事務所やプロダクションによって方針が異なるうえに、実際にその通りに配分されているかどうか外部からは判断することができません。

事務所への所属を決めるまえに、その事務所に所属している先輩や業界関係者に話を聞くのが一番よいでしょう。

個人事業主として働く芸能人・タレント

給与制ではなくて、プロダクションとマネージメント契約を結ぶことで収入を得ている芸能人やタレントもいます。

このような人達は個人事業主扱いになっていて、出演料の40%〜50%程度の収入を得ることができます。

売れっ子芸能人の場合は個人事業主扱いで仕事をするほうが収入が多くなりますが、仕事が減れば収入も減りますので、リスクが大きい形態です。

芸能人・タレントの正社員以外の給料・年収

アルバイト

事務所に所属して給料をもらったり、個人事業主として収入を得たりする以外には、アルバイトとして働くという方法もあります。

ドラマのエキストラとして参加する、アイドルのステージでバックダンサーとして踊る、イベントで行われるショーに代役として出演する、というような単発の仕事であれば、アルバイトとして雇用されることもあるのです。

アルバイトの場合は時給制で働くことになります。

相場は時給にすると数千円、あるいは日給にすると数万円といったところです。

業界内での人脈を作りたい人にとっては、魅力的なアルバイトといえるのではないでしょうか。

芸能人・タレントが収入を上げるためには?

芸能人・タレントが収入を上げるためには、本業で人気を集めてテレビ番組の出演料やCMのギャランティをアップさせるのが一番です。

しかし、最近ではこうした本業以外にも副業で稼ごうとする芸能人やタレントが増えてきています。

最も多いのはSNSの活用による収入でしょう。

ブログの場合はアクセス数に応じて広告収入を得ることができますし、インスタグラムやTwitterでフォロワー数が増えてインフルエンサーになると商品のPRの仕事が入ることがあります。

また、YouTubeなどの動画サイトにチャンネルを開設して自ら映像配信する人も増えてきています。

この場合も再生回数に応じて収入が入ります。

努力や工夫次第で、芸能人もさまざまな副収入を得ることが可能な時代なのです。