芸能人・タレントになるには

芸能人タレントになるには

女優俳優アイドルになるには

女優・俳優・アイドルになるには、2つの方法があります。

スカウト

1つ目はスカウトを受けるという方法です。

「原宿の竹下通りを歩いていたら芸能関係者に声をかけられた」「渋谷センター街は芸能事務所の人がウロウロしている」という話を聞いたことがあるでしょう。

スカウトの場合は芸能事務所のスカウト担当者が、街でパッと目を惹く若者や地域で噂になっている可愛い子などに目をつけます。

そして「この子にはキラリと光るものがある!可能性を秘めている」と思う人だけに声をかけるのです。

実際に多くの芸能人が、スカウトによって発掘されています。

アイドルの仕事

オーディション

2つ目はオーディションの場合です。

これは、芸能事務所が主催する「新人タレント発掘オーデョン」に応募したり、ドラマや舞台、映画の公募オーディションに応募したりする形式が多く見られます。

いずれにせよ、大多数の応募の中からごくわずかな人のみが合格する狭き門となっています。

また、この他にも女優や俳優、アイドルになるチャンスは至るところに転がっています。

たとえば、エキストラ事務所に所属して、エキストラの仕事をこなしている最中に監督や芸能関係者に気に入られてデビューしたり、劇団や養成所に所属して地道に活動している際に声をかけられてデビューに至るケースも珍しいことではありません。

お笑い芸人になるには

最近、急激に増加しているお笑い芸人

お笑い芸人として芸能界デビューするためには、笑いのセンスを磨いてファンを獲得するだけでなく、オールマイティーに番組を盛り上げる実力がなければいけません。

お笑い芸人の道は、ある意味では女優や俳優、アイドル以上に厳しい実力勝負の世界です。

ほとんどのお笑い芸人は、芸能プロダクションの芸人養成所に入って基本的なスキルや芸を磨くか、第一線で活躍している芸人や漫談家に付き人として弟子入りして、コツコツと実力を磨いていくのです。

なかなか芽が出ずに、志し半ばで芸人になるという夢を諦める人もたくさんいます。

そんな厳しい状況で、ごく一部の人のみが賞を取る、師匠のツテでデビューを飾るなどといった形で芸能界への階段を上がるのです。

今テレビで皆さんがよく見るお笑い芸人は、間違いなく数少ない成功者といえます。

実力が認められずに、アルバイトをしながらコツコツと芸を磨いているお笑い芸人がいることを忘れてはいけません。

お笑い芸人の仕事

タレントになるには

厳密にいうと、女優・俳優・アイドル・お笑い芸人もタレントに含まれますが、こちらの項目では上記でご紹介したジャンル以外のタレントの場合でお話を進めていきます。

そもそもタレントの定義とは…「本業を芸能界以外に持つにも関わらず、テレビ出演が多い人」のことをいいます。

最近では弁護士医師などの資格を持ちながらもコメンテーターとして様々な情報番組に出演している方が増えていますが、そのような方もタレントといえるでしょう。

タレントの場合は、知り合いのツテで業界関係者から声がかかる、プロデューサーが番組で活躍しそうだと判断する・身内に業界関係者がいる・世の中に注目されている・有名な賞を取るなどという方法でテレビ出演のきっかけを持っています。

タレント1本で芸能界で生きていくのは、とても大変なことです。

他の人にはマネできないような一芸を持っていることが、タレントとしての大きな強みとなるでしょう。

芸能人・タレントの資格・難易度

芸能人やタレントには、学歴や資格は一切不要です。

芸能界は本人の才能や世間からの好感度、人気が全ての世界なので、一般企業のように「有名大学を卒業している」とか「難しい語学の資格を持っている」などの理由で優遇されるということはありません。

ただし、自分自身のキャラクターをアピールするためには、得意な分野があることが大切です。

たとえば「料理なら何でも作れる」とか「幼い頃からピアノを習っている」とか「甲子園に出場したことがある」という特技があるとバラエティ番組のトークで個性を発揮できることがあります。

また、語学が堪能でTOEICや英検の資格を持っていると、ドラマや映画での役の幅が広がります。

芸能界で活躍したいのであれば、何でもよいので自分の得意なことを磨いておくとよいでしょう。

芸能人・タレントになるための学校の種類

芸能人やタレントを目指すときに悩むのが、学校選びでしょう。

芸能活動は学業との両立が難しいことで知られており、人気子役や10代のアイドルのなかには小学校や中学校を休みがちになっている人も珍しくありません。

そのため、本格的に芸能活動を続ける人が高校に進学するときには、芸能活動に理解のある学校を選ぶことが多いようです。

昔から有名なのは、東京にある堀越学園や日出学園が運営している高校でしょう。

また、芸能活動をしたい人が大学に進学する場合は、特技や自分の夢についてアピールできるAO入試がある私立大学を選ぶことが多いようです。

最近では早稲田大学や慶応大学などの優秀な大学に進学する芸能人もいて、学業と仕事の両立を目指す人が増えています。

その一方で、「高校や大学には行かずに芸能に関するレッスンだけを受けたい」という人の場合は、芸能プロダクションが運営している養成所に通うとよいでしょう。

演技や歌、お笑いのテクニックなどを丁寧に指導してくれます。

芸能人・タレントに向いている人

芸能人やタレントに向いているのはどのような人でしょうか。

まず大切なのは、自分の夢を絶対に叶えたいという強い意志がある人です。

女優や俳優、アイドルやモデル、お笑い芸人は、いずれも非常に人気の高い職業です。

志望する人が多いだけにオーディションやコンテストでは厳しい競争に勝ち抜かなければいけません。

「どうしてもこの仕事に就きたい」という思いがあって、粘り強く努力できる人だけが夢を掴むことができるのです。

また、テレビやイベントなどを通して多くの人に見られる職業だけに、ときにはプレッシャーやストレスを抱え込むこともあります。

心配性ですぐに自信をなくしてしまう人よりも、肝が据わっていて向上心があり、ポジティブに自分磨きを続けていける人のほうが適任でしょう。

芸能人・タレントに向いている人・適性・売れる要素

芸能人・タレントのキャリアプラン・キャリアパス

芸能人やタレントはどのようにキャリアを築いていくのでしょうか。

まず、デビューする前は養成所でレッスンを受けたり個人の劇団に所属したりして、芸能活動の下積みをすることが大切です。

それと同時に芸能事務所やプロダクションのサポートを受けながらオーディションを受けたり営業に出向いたりして仕事を掴み、デビューのきっかけを掴み取っていきます。

女優や俳優の場合はエキストラや端役からスタートすることが多く、実力を身につければ段々重要な役どころを任されるようになります。

大きな目標としては、キー局のゴールデンタイムのドラマやNHKの朝ドラ・大河ドラマ、あるいは有名な監督の映画などに出演できるようになることを目指して頑張っている人が多いようです。

しかし、すぐにこのような夢が叶う人はほんの一握りでしょう。

多くの人が5年、10年と地道にコツコツ努力を続けるなかでゆっくりと才能を開花させていきます。

また、一時的に人気が出たとしても次回作が決まらなかったり世間から飽きられてしまったりすると、その後も仕事を続けていくのは難しくなります。

芸能界でキャリアを築き続けるのは非常に難しいことなのです。

芸能人・タレントを目指せる年齢は?

芸能人やタレントという職業は何歳からでも目指すことができます。

たとえば、親の意向で赤ちゃんのうちからドラマや映画に出演する人もいますし、仕事を辞めたサラリーマンや子どもが独立した主婦が昔からの夢を諦めきれずに役者を目指すこともあります。

おばあちゃん、おじいちゃんになっても役者としての需要はあるので、年齢を理由に夢を諦める必要はないでしょう。

ただし、若年層のファンをメインターゲットにするアイドルやグラビアモデルなどに関しては、年齢的に若いと有利になることもあるようです。

また、芸能界は特殊な世界なだけに、子役からの長いキャリアや人脈がある人の方が仕事の幅が広がる可能性があることは知っておくとよいでしょう。

芸能人・タレントは高卒から目指せる?

芸能人やタレントとして活躍するために、特別な学歴は必要ありません。

幼い頃から子役やアイドルとして第一線で働いていた人の中には、小学校や中学校を休みがちだったという人もいますし、最終学歴が中卒や高卒だという人も珍しくありません。

「演劇に全てをかけたい」とか「歌のレッスンだけに集中したい」とか「海外で仕事をして経験を積みたい」という理由で、進学よりもレッスンや仕事を優先させることは決して珍しくないからです。

芸能界は実力や人気が全ての世界なので、高卒でも全く問題なく活躍することができます。

ただし、心構えとして理解しておかなければいけないのは、芸能人になれたからといって全員が売れるわけではないということです。

タレント名鑑などを見ると、実にたくさんの芸能人やタレントが記載されていますが、実際にテレビで見かけるのはほんの一握りです。

レギュラー番組を獲得するということは芸能人として大きな成果であり、そのポジションに立てるのはわずかな人だけであることを忘れてはいけません。

収入に関しても、ボーナスや昇給が確約されているわけでもなく、不安定な生活がつきものです。

もしも将来、芸能人として仕事を続けることができなくなってしまったとき、一般常識や最低限の学力がなければ社会人として再就職することが難しくなるかもしれません。

たとえ学校には行かなくても、読書をする、新聞を読む、テレビのニュースを見るなど、積極的に知識を取り込むようにしておくことが大切です。