芸術家の現状と将来性

アート業界の現状

世界の先進国の中で見ると、残念ながら日本の美術市場は圧倒的に小規模です。その原因のひとつは、美術品が資産として見なされていない現状があるからだといえます。

バブル期までは日本にも美術品を資産だと考える流れがあり、美術市場も安定していました。

しかしバブル崩壊以降は、低迷する景気に呼応して美術品への買い控えが進み、そのうち美術品の資産価値を低く捉えるような風潮ができたと考えられます。

美術品購入者を対象に行ったある調査では、購入理由の第1位は「自分のため」、第2位は「飾るため」、10位以下に「資産として」が出てくるという結果でした。

こうした日本の美術市場を活性化するため、近年では東京都内だけでなく地方にもギャラリーや美術館が続々とつくられ、注目を集める企画展がさまざまな都道府県で開催されるようになりました。

香川県の瀬戸内国際芸術祭、愛知県のあいちトリエンナーレ、群馬県の中之条ビエンナーレをはじめ、町おこしを兼ねた地方の芸術祭が盛り上がりを見せています。

海外では日本の文化といえば、ジブリアニメやマンガなどのサブカルチャーが知れわたっていますが、日本の伝統工芸や古美術は海外にも愛好家が多く、今後も開拓できる可能性が眠っているといえるでしょう。

芸術家の将来性

作品の売れ高によって収入が左右される芸術家は、安定とは無縁の職種です。

その厳しさから、芸術家を目指す多くの人が夢半ばで挫折したり、趣味程度で終わってしまうという現実があります。

しかし、日本全国で企画展が行われるようになったことにより、新進気鋭の芸術家にとって自分の作品を広く知ってもらう機会が増えたのは非常に喜ばしいことです。

才能と努力によっては、芸術家を目指す若者がチャンスをつかむ可能性も充分にあるといえるでしょう。

とくに「和」の趣きをベースに独自の個性や手法を加えた絵画や版画、陶芸、工芸などは、海外でも受け入れられやすく、世界へファンを拡大していくことも夢ではありません。