画家のやりがい

作品が完成したとき

画家のやりがいのひとつは、作品が完成したときの達成感です。

何かを表現したい人が画家になっています。美しい景色を描いたり、モデルの一瞬の表情を写し取ったり、自分の心に浮かぶイメージを抽象的に描いたりと、画家によって描く対象はさまざまです。

それでも、何かしら強い欲求に突き動かされて、描き始めるはずです。

対象となる景色やモデルを通して、自分の理想とする作品を生み出す作業は、楽しいときばかりではありません。思い通りに表現できないときや、何度描き直しても納得のいく仕上がりにならないときもあります。

ときには、途中で投げ出してしまいたくなることもあるでしょう。画家というのは孤独な仕事なので、いつも自分で自分をコントロールしながら描くしかありません。

ひとつの作品が仕上がるまでは、時間と労力がかかります。ですが、自分の思いをこめた作品が完成したときの喜びは、何物にも代えられないほど大きいものでしょう。

作品を発表したとき

どんなに素晴らしい作品を仕上げても、誰にも見てもらえなければ、単なる自己満足で終わってしまいます。

趣味で絵を描く人であれば、自分だけで楽しんでいてもよいのですが、プロの画家であれば、作品を発表することが目標のひとつになります。

個展やグループ展、公募展など、発表方法はいろいろあります。とくに、個展を開くとなると、ギャラリーを借りなければならないので、お金がかかります。それでも画家にとってはとても大切なイベントです。

個展で作品を発表すれば、評価されることも酷評されることもあります。でも、個展は自分の作品がどのように思われているのか、客観的な意見を聞くことができる貴重なチャンスです。

作品を発表し、多くの人に見てもらえたとき、画家としてのやりがいを感じることができるでしょう。

作品が喜んでもらえたとき

自分の作品が評価されたときも、画家としてのやりがいを感じる瞬間です。たとえば、コンテストで大賞をとれば、間違いなくうれしい気持ちになるはずです。

また、自分の作品を画廊が買い上げてくれれば、喜びを感じるでしょう。

しかし、画家にとって何よりも一番うれしいのは、自分の作品を自宅に飾り、大切にしてくれる人がいることです。

ある画家は、作品の購入者から「あなたの作品を自宅で毎日観るたびに、生きるパワーがわいてきます」といわれ、大変感激したそうです。

自分の作品に感動してくれる人がいる、ということが、画家として最もやりがいを感じるときなのかもしれません。