画家の現状と将来性

画家の現状

画家を職業にしている人は日本でも多くいます。しかし、生活が安定し、名声も得ている画家は一握りしかいないのが現状です。

画家と一口に言っても、仕事のスタイルはそれぞれ異なります。おおまかに分けるとすれば、芸術的な指向を持ち絵を描く画家なのか、商業ベースの中で作画する画家なのかという分類ができます。

前者は本業とすること自体難しいですが名声と高収入を得られる可能性が、また後者は前者に比べ、仕事が得やすく安定もするが、クライアントに依存しなければならない傾向にあります。

画家を職業とする問題点とは

この職業の大きな問題としては収入の保証がないということが挙げられます。絵が売れなければ稼げませんし、たとえ売れたとしてもそれがコンスタントに続くとは限りません。

極端に言ってしまえば月の収入も得られるのかどうかわからないということです。技術や独自のセンスを求められる職業なので、画家自身がニーズを開拓しなければ作品を発表する場の獲得も難しいです。

また、画家を辞める場合、自営業なので退職金や保障もなく、自分の蓄えにより将来をやりくりしていかなければいけません。そして、絵を描くことは特殊なスキルですので再就職を考えた場合、スキルを活かせる仕事が多くないという問題もあります。

画家という職業の将来性について

景気によって絵画の需要の増減はありますが、画家のニーズが衰えることはありません。しかし、時代の流れに合わせ、求められるスタイルも変化していく様です。

近年では、紙や布の上に絵筆で制作していた従来の画家に対し、グラフィックソフトを使用しデジタル画面上のみで作画する画家もいます。

また、これまで展覧会や個展、誌面が活躍の場でしたが、現在ではインターネットを用いれば、広く作品を世に問えます。このことは、まさに革新的で、デジタル情報化社会の波は、画家という職業の問題を緩和するきっかけとなっています。

今後、デジタル媒体を主に活躍する画家は一層、増加していくでしょう。