画家の種類

洋画家

洋画家とは、西洋画を描く画家を指します。洋画家は、ヨーロッパで発達した技法を使って絵を描き、画材も、油彩や水彩絵の具、パステルなどヨーロッパ発祥のものを使います。

ひと口に洋画家といっても、描く対象はさまざまです。人物や風景、静物を描く人もいれば、線や図形など幾何学的な模様を描く人もいます。

また、見ただけでは何を描いているのか分からないような抽象的な作品を描く画家もいます。目に見えないもの、たとえば人の心の中にある不安や恐怖を表現する人もいます。

描き方も人によって違います。写真のように細密に描く人もいれば、印象派のモネやルノワールのように、やわらかいタッチで描く人もいます。

現在の日本で洋画家といえば、一般的に油絵を描く人を指します。美大で西洋絵画を学ぶ場合には、「油絵学科・油画科」に進学します。

水彩画やパステル画は、絵画教室かカルチャースクールで学ぶことができます。

日本画家

日本画を描く人のことを日本画家と呼びます。日本画とは、日本の伝統的な画材を使って描かれた絵のことで、具体的には、岩絵具や墨などの絵具を使い、和紙や絹などに絵を描きます。

日本画の絵具の使い方は、少し変わっています。たとえば、岩絵具は天然の鉱物を砕いたものです。

粉状になっているので、このまま塗ることはできません。そのため、岩絵具は、膠(にかわ)というゼラチンと混ぜて使います。

また、白色絵具として使われている胡粉(ごふん)は貝殻を砕いたもので、こちらも膠と混ぜて使います。

金箔なども、日本画ではよく使われています。画材はどれも高価で、日本画制作にはお金がかかります。

伝統的な日本画といえば、花や鳥を描く「花鳥画」をイメージする人も多いと思いますが、日本画家は、風景や人物、植物、動物など、さまざまなモチーフを描きます。

モダンな日本画も多く、これからの日本画家は新しい分野に挑戦する人がますます増えていくでしょう。

版画家

版画の作品を制作している人を版画家といいます。版画にはさまざまな種類があり、技法によって大きく4種類に分けられます。

木版画

日本人にとって最もなじみのある版画です。葛飾北斎や歌川広重の浮世絵や、棟方志功の版画はあまりにも有名です。

銅版画

銅版画の中には、エングレービングやエッチングなど、さまざまな技法があります。これらはヨーロッパで発明された技法で、印刷のために必要だった技術が発展していったものです。

ドイツの画家アルブレヒト・デューラーの銅版画は有名です。

リトグラフ

日本では石版画とも呼ばれています。昔は石を使っていましたが、今はアルミ版などを使います。

ドイツで発明された技法で、ロートレックなどの画家たちが多くのリトグラフ作品を残しています。

シルクスクリーン

枠に布を張って版を作ります。昔は絹を使っていましたが、今は化学繊維を使います。シルクスクリーンを使った有名な画家は、アメリカのアンディ・ウォーホールです。