画家の生活スタイル

画家の一日

画家の場合は絵を描く事が仕事ですので作画に合わせた生活を行ないます。

基本的には自分で絵を描き個展などで絵を販売するのがメインとなりますので、生活サイクルは自身で決めることができます。サラリーマンのように規則正しく時間を決めて制作を行なう人もいれば、不規則な時間で活動する人もいます。

ただし、絵を描いてほしいと依頼されたり、コンクールに出展する場合は納期がありますので、それに合わせたスケジュール調整が必要になります。

仕事に適したスタイルを見つける

画家はクリエイティブな要素が欠かせないため、自分の能力を最大限に発揮できる仕事のサイクルや生活のスタイルを自身で見つけておくことが必要です。

たとえば集中できるようにアトリエを設け仕事をしたり、静かな夜の時間帯を制作時間にするなど、良い作品を生み出せるようにさまざまな工夫をしている画家は多いそうです。

画家という職業で注意したいこと

画家は自分ひとりで絵を描き続けていく職業ですので、どうしても生活が不規則となったり、健康を崩したりしがちな傾向があります。

ですので、快適に仕事に取り組めるように自身の生活を律し体調管理を行なうことも非常に大切なことです。

画家の健康保険

まだ売り出し中のフリーランスである画家は保険料に負担を感じている人も少なくありません。特に画家は職業の中で安定した収入を得られるようになるまで時間のかかる仕事ですので健康保険料の負担額は抑えておきたいものです。

画家に限ったものではありませんが、絵をはじめ美術活動に従事する職業の人のための保険・文芸美術国民健康保険というものがあります。

文芸国保の組合加盟団体に所属すれば加入でき、保険料の負担も軽減する場合もありますので、画家を目指す人は頭の隅にでも置いておくと、役立つときがくるかもしれません。