画家になるには

画家に免許や資格は必要?

さまざまな絵を描くことを職業とする画家。憧れている人も多い職業ですが、画家には免許や資格などは必要ありません。

現在、活躍している画家ほとんどが自身の技術とセンスのみで活躍しています。実力主義である反面、学歴や資格が優遇されない世界でもありますので一人前の画家になるためには大変な労力を伴います。

美術系の学校のメリットと学べること

一概には言い切れませんが、日本の著名な画家を見渡すと東京芸術大学など、有名な美術系の大学出身の人が多くを占めています。

画家の世界は学歴社会ではありませんが、大学の中で基礎やセンスを磨き、またコネクションを築くことは、画家となった時に役に立ってくれることもあります。

画家はセンスが非常に問われ独創性が求められる職業でありますが、その独創性を支える基礎がしっかりしていなければいけません。日本画も洋画も出発点は同様でデッサンが基礎となります。デッサン力が身に付いているからこそ、自分の個性を絵として表現できるのです。

将来、画家を希望しているのであれば美大に進学し画家に必要な基礎スキルを学ぶことは有益であると言えるでしょう。

なお、美術系大学に進路を決めている人でしたら受験にもデッサンは必須となりますので、自習だけでなく美術予備校で学ぶのも効果的です。

画家のなり方

職業という点から考えると画家の定義は非常にあいまいです。少し乱暴に言えば、自分を画家であると名乗った時点で画家になれます。

しかし、周囲から画家と認められるというのは、少なからずともコンクールなどで受賞したり、美術系のメディアに取り上げられたりといった実績や肩書を得ていく必要があります。

また、作品が画廊などに買い上げられ一躍有名な画家となる人もいます。

働きながら画家を目指す

画家は自営業です。本業としていくのは大変なことですから、画家として生活できるまでは一旦、就職して画家の勉強を続ける人もいます。

美大の日本画科、油絵科を卒業した人では出版会社やデザイン事務所、学校の美術講師、アニメ制作会社、アパレル会社などの就職先が多いようです。

画家は作品が勝負となりますので、年齢制限もありません。生涯にわたって活動を行える仕事ですので焦らず着実にスキルを技術を磨いていきましょう。