画家になるための学校、大学

美大を出ても画家になれるとは限らない

芸大、多摩美、武蔵美など知名度の高い美大や絵を学べる専門学校はありますが、卒業したからといって画家になれるとは限りません。これは、画家という職業は学歴を必要せず能力のみを求められる職種だからです。

確かに著名な画家の中には、美術系大学の中で最も難しいとされている芸大出身の人も多くいますが、その画家自身の仕事に学歴は関係していないはずです。

しかし、早い時期から将来は画家になりたいという目標を持つ人は美大などに進路を決めるのは有益ではあるでしょう。

美大の入試

美術系専門学校では入試に必要がない学校もありますが、美大ではほとんど絵の実技試験が実施されます。ですので、美大入試を考えるのであれば自習や美術予備校での実技対策が必須となります。

美大進学のメリット

まず、専門的に絵のスキルを学べることです。学生の身分というのは非常に優遇されている期間です。生活の不安を感じず、自分の目標や、やりたい事にすべての時間を費やすことができます。

集中して絵に関して打ち込める、これが学校へ通う一番のメリットかもしれません。

次にコネクションを広められるチャンスもあるということです。仲間も当然増えるでしょうし、教授や講師のツテで作品の発表の場を紹介してくれることもあります。

画家になればひとりで仕事をこなし、個展会場などの活躍の場も自分で探していかなかればなりませんので、このような繋がりは将来の助けにもなってくれることでしょう。

そして、美術系の大学や学校出身であれば就職も心強いというポイントもあります。大学を卒業してもすぐに画家になれるとは限りません。ですので、卒業生は画家になるまでの修業期間として働きながら作品を描く人も多いようです。