美術の先生になるには

美術教師になりたい

ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、画家になるには良い絵を描ける能力さえあればなれます。画家は学歴や資格を求められない職業だからです。

しかし、安定した収入を得て知名度もある画家となるためにはとても労力と歳月が必要ですので、それまではさまざまな副業をする人も多くいます。

そんな、画家の副業の中で人気が高いのが美術教師です。

必要な資格

画家には学歴と資格は必要がないと上記しましたが、美術の教師は異なります。まず、大学へ進学して教員免許を取得することが必須です。

この美術教師の教員免許は美大でなくても免許取得のカリキュラムと美術課程がある大学であれば取得することができます

美術教師のなり方と適性

大学で教員免許を取得できたら、次は各都道府県の教員採用試験にパスする必要があります。各都道府県で採用倍率が異なってはいるようですが、美術教師はなかなか高倍率であるのが一般的です。

場所によっては美術コンクールなどでの受賞歴や、美術団体に所属しているかどうかといった点もを採用可否の要素とするところもあります。

画家は自分の技術とスキルを高めながら仕事に取り組む職業ですが、美術教師は生徒の能力を引き出せる人が向いています。教え上手であることやコミュニケーション能力に長けている人が適していると言えるでしょう。

画家の副業として考えた場合、美術教師は安定した収入を得られる面ではメリットでありますが、労働時間が長く、個展などの時間が作りにくい点がデメリットとなります。

美術教師の傾向と給与

現代の美術教師に対する中高の学校の傾向としては1校に1人は多いといった見方もあり、臨時美術教員という形も多くなっているようです。

美術科目は授業が他の教科に比べ少ないので給料も低いというイメージを持つ人もいますが、そんなことはなく、他の教師と同様の給料体系となっています。
中学校教師になるには
高校教師になるには