ファンドマネージャーの就職、採用募集状況

ファンドマネージャーの就職先

ファンドマネージャーが活躍する投資顧問会社や信託銀行、保険会社などの多くは、毎年安定した採用募集活動を行っています。しかし、金融系企業は特に優秀な人材を求める傾向があり、学歴も重視する傾向にあります。

出身学部・学科はさほど影響しないようですが、名の知れた一流大学を出ておくことは、ファンドマネージャーへの道を広げることになるでしょう。

ただし知っておきたいのは、学校を出たばかりの若い人や未経験者が突然、知識なくファンドマネージャーとして業務をこなすのは、ほぼ不可能ということです。

入社後は、まずアナリストとして財務分析や投資のためのリサーチや分析などを行い、経験を積むことが一般的なルートです。その業務を通して知識や能力、センスを認められた人だけが、ファンドマネージャーになれるのです。

ただし、競争を勝ち抜けてファンドマネージャーになったとしても、運用成績が悪ければポジションを変えられてしまう可能性が高いです。

有名企業に就職できたにせよ、決して気を抜くことなく努力し続ける姿勢が必要です。

外資系はさらに厳しい

ファンドマネージャーを目指してキャリア設計をするにあたり、ゴールをどこに置くかが重要になってきます。

たとえば「世界的なファンドマネージャー」を目指すのであれば、組織としての体裁が強い日系企業ではなく、やはり個人の能力がものをいう外資系企業を目指す必要があるでしょう。

日系企業のファンドマネージャーが、外資系に転職することは比較的容易です。特に実績や能力次第では、ヘッドハンティングされることもしばしばあるようです。

ただし外資系の場合、成果を重視する傾向はさらに強まると言われます。そこには特別に優秀な人が揃っており、英語力やマーケット・商品の知識、すべてにおいて高い知識と能力を有している人がズラリと並びます。

仕事体験談