フードコーディネーターの魅力

柔軟な発想が求められ、食に深く関われる仕事

料理をしたり食事をするのが好きな人にとって、さまざまな形で食に関わることができるフードコーディネーターの仕事は、まさに天職となるでしょう。

仕事を始めてからも食に関する研究や調べものをしなければならないことは多いものの、「好きなことを学ぶのだったら苦痛にならない!」と感じられるはずです。

また、新しいレシピを考えたり、商品開発の現場でアイデアを出すこともあるフードコーディネーター。決まりきったことをやるというよりも、発想力や創造力が求められることが多いため、仕事を通じて自分の想いや個性を表現できるのも魅力といえるでしょう。

興味に応じて仕事の幅を広げられる

食は人間が生きるために欠かせないものです。しかし「ただ食べればいい」というわけでなく、食の内容ひとつで楽しい気持ちになれることもありますし、美容や健康を左右する非常に重要なものでもあります。

食についての専門知識を持ち、味だけではなく視覚や嗅覚などのさまざまな面から一人ひとりのライフスタイルに応じた食の提案ができるフードコーディネーターは、あらゆる場面で必要とされています。

また、自分の興味・関心に応じて多様な業界で活躍できるのも、この仕事の魅力です。

たとえば、教育に興味のある人であれば子どもたちの食育活動に力を入れることもできますし、美容が好きという人であれば、美容雑誌で食のコラムを執筆するのもよいでしょう。

フードコーディネーターといっても、活動の仕方は十人十色。自分の個性や興味、そして柔軟な発想力を生かし、あらゆる方向へと活動の幅を広げていくことができる仕事です。