ドッグフードコーディネーターとは

ドッグフードの開発に携わる

「フードコーディネーター」によく似た職業として、「ドッグフードコーディネーター」というものがあります。

ドッグフードコーディネーターは、その名前の通りドッグフード、つまり犬の食事のコーディネートをする仕事です。

犬が健康を維持するためには、人間と同じように、毎日きちんとした食事をとることが不可欠です。

逆に、犬に合わない食事を与えている場合には健康を害してしまう恐れもあります。

そこで、犬の体質や健康状態に合うドッグフードの知識を持ち、飼い主などにアドバイスをするのがドッグフードコーディーネーターの役目です。

ドッグフードコーディネーターは、ドッグフードの開発をはじめ、ドッグカフェのレシピやメニュー作成、犬と人間が楽しく豊かに共存するためのライフスタイルのアドバイスなど、幅広い知識を生かして仕事をしています。

ドッグフードコーディネーターになるには

ドッグフードコーディネーターになるために、絶対に必要とされる資格はありません。

とはいえ、「犬の食事」という専門的な分野に関わる仕事であることから、それに関わることができる場所に勤務し、知識を身につけていくとよいでしょう。

具体的な勤務先としては、ペットショップやペット用品店、ドッグカフェなどが挙げられます。

ある程度、犬やドッグフードに関する知識を得てからは、独立してフリーランスのドッグフードコーディネーターとしてやっていく人が多いようです。

ドッグフードコーディネーターの需要と将来性

ドッグフードコーディネーターは、まだ認知度がさほど高くない仕事であり、求人も限られていることから、ドッグフードコーディネーターとして大きく成功するのは簡単ではありません。

とはいえドッグフードの研究は進み、日々進化を続けています。

たとえば、最近では人間の食事と同じように「無添加」にこだわったドッグフードに人気が出ているようです。

ペットとして犬を飼う人も多く、愛犬に少しでも元気でいてほしいという思いを持った飼い主が増えていることから、ドッグフードコーディ―ネーターとしての正しい知識を持つ人が求められていることも確かです。

これからドッグフードコーディネーターを目指す人は、自分自身でも活躍できる場を切り開いていく姿勢が求められるといえるでしょう。