副業のファイナンシャルプランナー

副業のFPとは

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、金融系の専門資格として徐々に人気が高まっており、最近では学生から主婦まで、幅広い世代や立場の人がFPを取得しているようです。

一般的に、FP資格は銀行や証券会社といった金融系の企業や不動産業界で働く際にとくに役立つとされていますが、なかには別の仕事をしながら、副業としてFPの知識を生かした働き方をする人もいます。

せっかくFP資格を取得しても眠らせたままになるのであれば、ほんのわずかであっても副業としてその知識やスキルを生かすことができれば、大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。

副業のFPの仕事内容

副業のFPとしての仕事内容や働き方はさまざまな考えられますが、大きく以下のようなことが挙げられます。

・保険や不動産のコンサルティングをする
・保険や金融商品の販売代行業務に携わる
・お金にまつわる書籍などの記事を執筆する
・お金にまつわるWebサイトなどのメディアを運営する

いずれの内容であっても、お客さまをどう集め、確保するのかということが大変な部分です。

また、多くのFPがいるなかで選ばれるFPになるには、幅広い専門知識の習得はもちろんのこと、「この分野については負けない」といった得意分野を作ることもポイントになります。

FPだけで生活していくのは大変

副業のFPの場合、基本的にはフリーランスの形で仕事をしていくことになるでしょう。

どこかの会社に勤めるのではなく、個人で仕事を請け負っていくというスタイルです。

FPは、この資格だけで独立して大きな収入を得るのは大変といわれており、独立したFPの年収100万円以下となる人も少なくないようです。

将来はFPを本業としてやっていきたい人も、事業が軌道に乗るまでは別の仕事を持ち、空いている時間を利用して副業でFPの仕事をしていくことを検討してみてもよいでしょう。