エディトリアルデザイナーとグラフィックデザイナーの違い

二つの違いは?

エディトリアルデザイナーとグラフィックデザイナーは、どちらもデザイナーとして出版や印刷に関わっていく仕事です。

その仕事内容や役割は似ているところがありますが、エディトリアルデザイナーが、おもに雑誌や書籍、カタログなどページ数が多い紙媒体の編集(エディトリアル)・デザインに携わっていくのに対し、グラフィックデザイナーは、画像や文字などの素材を効果的に使用して誌面のデザインを行っていきます。

もっとわかりやすくいうと、編集者の考えに基づき、印刷物の構成や表組みなどを踏まえてページ全体のデザインを行うのがエディトリアルデザイナー、広告や雑誌の表紙、ロゴなども含めた視覚表現全般のデザインを行うのがグラフィックデザイナーとなります。

グラフィックデザイナーの仕事内容

エディトリアルデザイナーには編集スキルが求められる

グラフィックデザインに関わる人のうち、雑誌やカタログといった「ページもの」と呼ばれる印刷物のデザインをする人のことをエディトリアルデザイナーと呼ぶこともあります。

印刷物は、テキストや写真、イラスト、図表など、さまざまな素材から成り立っており、それらがただバラバラに配置されていては、読者にとって見づらいものになってしまう可能性があります。

そこで、エディトリアルデザイナーは編集者の意図を組み、読む人の印象を考えて文字を見やすくデザインしたり、視線誘導の流れを設計することで、より効果的な誌面を作り上げていきます。

エディトリアルデザイナーは、ただデザインセンスがあるというだけでなく、編集に関わる知識やスキルも求められてきます。

兼務している人もいる

現場では、エディトリアルデザイナーとグラフィックデザイナーの仕事を兼務して働く人も多くいます。

広告やチラシなど「1枚もの」のグラフィックデザインをすることもあれば、状況に応じて「ページもの」のレイアウト・デザインにも携わるといった形になります。

さらに、エディトリアルデザイナーのうち、本の表紙や扉、帯など外観をデザインするブックデザイナーとしての役割を兼務する人もいます。