DTPオペレーターのつらいこと、大変なこと、苦労

残業や休日出勤が多い

印刷物や出版物は納期や入稿日が前もって決まっているため、何があってもその日に間に合わせることが鉄則です。

そのため多くのデザイン事務所や編集プロダクションでは、とくに正社員の場合、夜中まで残業がある日や休日出勤が多くなってしまいます。

DTPオペレーターの仕事は他のクリエイティブ職と異なり、考えるよりもパソコンに向かって黙々と進める作業がメインなので、より集中力や根気が必要。

スピード感が求められるDTP作業を1日中座りっぱなしでやり続けることは、肉体的にも精神的にもつらいものがあります。

中には年俸制で残業代がつかない会社もあり、仕事の環境や待遇に不満を持つ人が多いのもDTPオペレーターの特徴です。

バージョンアップや最新情報への対応

広告・出版業界で使われるMacパソコンのOS、IllustratorやPhotoshopなどのDTPソフトのバージョンが変わると、オペレーションの仕方も変化します。

この他に編集ソフトやプレゼンテーションソフトなど、使うアプリケーションが多いほどバージョンアップへの対応には手間がかかるものですが、いち早くマスターしなければ仕事になりません。

また、デザインには流行があるため、最新の情報を仕入れることも大切。自社や他社の制作物で反響の良かったものを集めて分析したり、デザイン展に足を運んだりといった情報収集や勉強にも苦労します。

ずっと続けられる職種ではない

DTPオペレーターはグラフィックデザイナーの指示のもとに仕事を進めるため、若くてフットワークが軽い人の方が使いやすいという認識が一般的です。

ある程度の年齢になるまで1つの会社に居続けると、グラフィックデザイナーやクリエイティブディレクターなどへの転身を迫られることが多いでしょう。

DTPオペレーション自体が好きで、ずっと続けたいと考える人は、フリーランスになって在宅勤務で続ける以外に道はないと考えられます。