カメラマンの学校(大学、専門学校・スクール)

カメラマンになるために、決まった道筋はありません。

学校で撮影の基礎から学ぶ方法をとる人もいれば、大変な道のりではあるものの独学でカメラマンを目指していくことも可能です。

そのなかで、カメラや撮影技術について段階的に学んでいきたい、またプロにしっかりと教わりたいというのであれば、やはり学校やスクールで学ぶのがよいでしょう。

カメラについて学べる学校やスクールはいくつもあります。

カメラの専門学校のほか、学校法人ではない民間のスクール、また四年制大学でも写真やカメラについて学べるところがあります。

学校によって在学期間やカリキュラムがだいぶ異なるため、何を学びたいのかをよく考えたうえで、自分に合った環境を選ぶことが大切です。

専門学校(学校法人)

学校法人の専門学校であれば、履歴書などに「学歴」としてアピールすることができます。

比較的歴史のある有名な専門学校でいうと「東京綜合写真専門学校」や「日本写真芸術専門学校」などがあります。

カメラマンを養成するための専門学校は、2年間もしくは3年間のカリキュラムが組まれている場合が多く、時間をかけて学ぶことができるのがメリットといえます。

学校によっては、卒業後に進学できる「研究科」などのコースを用意し、さらにセンスや技術を極めていくことも可能です。

学校ならではのイベントも盛んに開かれています。

スクール

学校法人でない民間スクールでも、写真やカメラについて専門的に学ぶことができます。

有名どころでいえば「東京写真学園」などがあります。

このようなスクールには、基本的に学校専属の講師の代わりに、現場のプロカメラマンを講師として招いている場合が多いです。

そのため、より実践的な話や現場の声を聞くことができることが魅力です。

スクールでは夜間の授業も設定されている場合が多いため、社会人が仕事をしながらでも学ぶことができるのがメリットといえるでしょう。

四年制大学

芸術系の大学や学部に、写真を専門で学べる学科・コースを置いている四年制大学もあります。

大学の場合、専門学校に比べて撮影技術よりも写真論を中心に学んでいく場合もあります。

また、映像やメディア全般まで学べるところなどさまざまな学校があるため、多くの大学を調べて、比較してみるとよいでしょう。

写真関連を学べる大学・学部の一例(2017年8月現在)

・日本大学 芸術学部 写真学科
・東京工芸大学 芸術学部 写真学科
・武蔵野美術大学 映像学科
・大阪芸術大学 芸術学部 写真学科
・京都造形芸術大学 芸術学部 美術工芸学科 写真・映像コース
・東京造形大学 造形学部 デザイン学科・写真専攻
・九州造形短期大学 写真系