バイヤーの仕事内容

生産元から商品を買いつけ、世に広める バイヤー(buyer)は、生産元から商品を買いつける仕事です。 バイヤーが買いつける商品は、洋服や靴、宝飾品、家具、家電、雑貨、食品など、さまざまなジャンルのものがあります。 アパレ … 続きを読む

バイヤーの役割

流通業界を支える大事な存在 バイヤーは、店頭に並べる商品を買いつけるのが主な仕事です。 優秀なバイヤーは、景気の動向を掴んだりブームを先読みしたり、その店舗の客層や売れ筋商品を分析したりすることで、「次はこれが売れる!」 … 続きを読む

バイヤーの魅力

時代を先取りする面白さ バイヤーの仕事の魅力のひとつは、時代を先取りする面白さを感じられることです。商品の仕入れを担当しているバイヤーは、次のシーズンが来る半年も前から、どんな商品を店頭に並べるのか作戦を立てなければいけ … 続きを読む

バイヤーの1日

販促会議で戦略を バイヤーの出勤時間は、店舗の開業時間に合わせて10時〜18時頃になるのが一般的です。 朝、出勤したらまずはメールをチェック。取引先から新商品のPRがメールでくることもありますし、店舗の売り上げに関する情 … 続きを読む

バイヤーのやりがい、魅力

自分の手でブームを作れる! バイヤーという職業ならではの楽しさは、自分の手で世の中の流行を作り出せることです。 一般の消費者の立場だと、街で売っているものを買って流行を追いかけることしかできません。しかし、バイヤーの立場 … 続きを読む

バイヤーのつらいこと、大変なこと、苦労

情報収集に追われる毎日 バイヤーは、お客さんがたくさん買ってくれそうな商品を見極めて仕入れることが大切です。「どんな商品なら人気が出るのか?」これを判断するためにバイヤーは常に膨大な情報を集めています。 洋服を買いつける … 続きを読む

バイヤーの現状と将来性

不況にあえぐ世の中で 最近の世の中は不景気で、「働いても年収が上がらない」「なかなか正社員になれない」「共働きじゃないと生活ができない」という世帯が増えています。 さらに、近いうちに日本では消費税の増税が予定されており、 … 続きを読む

アシスタントのバイヤー

バイヤーになるための修業期間 バイヤーになるための道のりは、勤務先となる企業によって多少異なります。 一般的には、まず販売職を経験して現場でお客さまのニーズを理解し、その後アシスタントバイヤー、そしてバイヤーへとステップ … 続きを読む

バイヤーの英語力

世界の人と仕事をするバイヤーも バイヤーにとって、英語力は必須というわけではありません。 国内の商品を扱うだけであれば、商談をスムーズに進めていくための交渉力やコミュニケーション能力さえあれば、英語力はほとんど必要ないと … 続きを読む

バイヤーの種類

バイヤーの仕事は、大きなくくりで見ると「商品を買い付け、仕入れを行う人」ということができますが、もっと細かく見ていけば、業態や企業によって少々異なってきます。 ここでは、バイヤーの種類について紹介していきます。 業界・業 … 続きを読む

バイヤーの独立、起業

バイヤーとして独立、起業できる? バイヤーとして働く人の大半は、百貨店やアパレルショップなどに就職し、会社員として勤務しています。 しかし、バイヤーは独立してフリーランスとして個人で仕事をしたり、起業をすることも不可能で … 続きを読む

海外で買い付けするバイヤーの仕事

世界を飛び回って買い付けをするバイヤーも バイヤーは、国内各地の生産元をめぐって買い付けを行うだけでなく、世界を舞台に買い付けをすることもあります。 仕事内容は、既存ブランド品の商品を買い付けるほか、現地で市場調査を行っ … 続きを読む

個人、フリーランスのバイヤー

フリーランスのバイヤーになるために バイヤーは、アパレルメーカーや百貨店などの企業へ勤務して働く人が大多数ですが、なかにはフリーランス、つまり個人で仕事をしている人もいます。 しかし、バイヤーの仕事は決して簡単なものでは … 続きを読む